あの日の空も…






今日のような青空だったのでしょうか。


8月6日。

毎年この日と、9日のナガサキの日、そして終戦の日を迎えると、当たり前の日常が当たり前ではなかった時代があった事を忘れてはいけないと意識します。









《8月6日に想うことあれこれ》


7年前の春休み、次女と二人で初めて広島を訪れるまで、私にとって広島は、縁もゆかりもない場所でした。

でも、ひょんなことから平和資料館のボランティアさん達と交流が始まり、以来、去年の春休みまでの6年間、毎年次女と広島に旅行していました。

原爆ドームを初めて見たときの衝撃は、今も忘れられません。
そして、綺麗に整備された平和公園。
世界から核がなくなるまで絶やさないという“平和の灯”
原爆資料館の衝撃的な展示。

日本人より外国人の方が多いんじゃないかと思うほど、様々な人達が訪れる場所。


交流をさせて頂いているピースボランティアの方は、妹さんを原爆で亡くしたお兄さん。
もう90歳近いと思う。

その妹さんのことを題材にしたスペシャルドラマが、以前NHKで放送されました。

その方に平和公園や街中を案内して頂いた事がありましたが、その方の言葉の一つ一つに重みがありました。

「原爆ドームは、私には大きな墓標にしか見えない」
「平和公園は、こんなに綺麗な公園で、市民の憩いの場所だけど、この下には無数の骨が埋まってるんです」
「この公園の場所には、普通の街並みがあったんです」
そして…
「私は特別な平和論者でもなんでもない、ただの市民。原爆で犠牲になった人達も、そんな普通の市民なんです」


でも、その方はいつも、こうもおっしゃいます。
「でもね、そんな重たい気持ちばかりを抱えて来なくていいんですよ。広島は美味しいものもいっぱいあるし、見所もいっぱいある。来る方々には、楽しい思いもいっぱいしてもらいたい…」と。

広島の街には、悲惨な過去を乗り越えた強さに裏打ちされた優しい空気を感じます。
もちろん、世界遺産の街ならではの、訪れる人への優しさが浸透してるのかもしれませんが。


その方も、ご高齢にも拘らず、メチャクチャ明るくて楽しい方。
おやじギャグ連発するし(^^;;
(私たちと別れる時なんて〈万歳三唱〉で見送ってくれて恥ずかしかったし(^◇^;))
海外テレビの取材も受けたり、呼ばれて海外に出向くことも多い、パワフルな方。

数年前から広島でプロジェクトが始まった《被爆体験伝承事業》を人生最後のミッションと思い、取り組んでるそうです。(次女の映像もチラッとそこで使ってくださったみたい)


そんなこんなで、私と次女にとって広島は《魂のふるさと》のような場所。
東京から新幹線で4時間、家からだと、ざっと6時間はかかる遠さなんですが、なぜか懐かしい場所。
路面電車(広電)も大好き(*^^*)
車内アナウンスや音楽が二人とも大好きで、たまに真似して遊ぶ(^◇^;)
定宿は、駅前のビジネスホテル。
一度だけ平和公園の前、元安川沿いのホテルに泊まったけど、目の前に広がる元安川は、あの日死体の山だった事を思ったら、辛くて一度もカーテンが開けられなかった。
…結局その翌年から、駅前の定宿に戻しました(^^;;


まだ夏に行ったことはないけど、その方が言うには、
「夏は観光客が多すぎて大変なことになってるから、来ない方がいい」のだとか。

去年の春に行った時は、資料館の改修工事が始まっていて、半分しか見られなかったんです。
今も改修中のはず。
完成は2018年だっだと思うので、「リニューアルオープンしたら、また行こうね」って話してます。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

本当に 風化させてはいけないことだと思います。
そして 原爆は けっして災害などではなく人災なんだと… 私たちや子供たちは同じ過ちを絶対におかさないと 犯させてはならないと誓う日でもあります。以前 さだまさしさんが 毎年広島の日に長崎で追悼チャリティーライブをやってらしたのを思い出します、NHKで放送されて 毎年ビデオに録画してみてました。 がむさんは本当にたくさんのこと 考えて アクティブに行動されて 頭が下がりますm(__)m
さて 丸ちゃんの髪型問題の件ですが 私は思ったより短くはなかったなと思いました 丸ちゃん的には割と切ったみたいでしたけど 、まぁ さっぱりしたかな?ぐらいです。新潟で逢える前にも もう一回くらいは切ったりするでしょうね、楽しみでしかないです♪
ではまた☆

お久しぶりです、がむさん。
長崎に住んでいると、今でも原爆で亡くなった方の名簿を管理して碑銘に記載する事を続けている方の事がニュースになります。
だんだん当時を知る人も少なくなっていきますが、風化させてはいけないんですよね。

ウチの父親が存命なら、91になるんですが、当時は長崎ではなく、少し戦場に行った経験者です。
側を弾がかすめていったそうです。
それがもし当たっていたら、私達は今、こうしていられて無いわけで…
生きているだけでも幸せなのに、ついつい、もっと上の幸せを求めてしまいますね。

エイトは来週公演ですね。
頑張って下さい♪
応援に行けないのが辛いですが。

Re: タイトルなし

∞みちさんへ∞

こんにちは!コメント有難うございましたm(_ _)m

ホントにたまたまご縁があって交流をさせて頂いてるわけですが、偶然なのか必然なのか?…って思ったりもします。
こういう出会いにも、何か意味があるのかな?なんて。
次女がこのような出会いを経験できた事は、これからを生きる人間として、意味があるんだと思い、大切にしたいと思ってます(*^_^*)

丸ちゃんの〈ぬ〜べ〜〉ヘアに、あの頃を思い出し、またディスクを引っ張り出して観たくなりましたε-(´∀`; )
新潟の頃はどんな感じになってるのか?…楽しみですね(^人^)

では、またそちらにもお邪魔しますね( ´ ▽ ` )ノ


Re: タイトルなし

∞きいこさんへ∞

こんにちは!コメント有難うございましたm(_ _)m

そちらも毎日暑いですか?
もう、年々気温が高くなっていき、怖ささえ感じます(; ̄O ̄)

ナガサキは明後日ですね(・ω・)ノ
ヒロシマ同様、ナガサキも、当時を知る人は減ってるわけですよね。
〈風化させない〉…それが今を生きる人間に与えられた使命なんでしょうか。
冬に、ニノの「母と暮らせば」を観ました。
若い俳優さんがこういった作品に出ることで、若い子達が少しでも、戦争のことや原爆のことを考えるきっかけになったらいいと思いました。

あ、お父様は戦地に行かれたんですか。
今自分が存在していなかったかも…と思うと、今ある命の尊さを実感しますね。
なんか、偉そうに語ってしまった私ですが、普段は、当たり前の日常をいい加減に過ごして、自分のことばっかり考えてます(^◇^;)
だから、せめて年にいくつかの〈忘れてはいけない日〉には、ちゃんと立ちどまらなきゃ…って思うのです。

来週(もう今週か)は、お盆だしリサイタルだし…。
埼玉は大混雑でしょうね(; ̄O ̄)

皆さんご無事に…と祈るばかり(^^;;

きいこさんも暑くて大変ですが、体調に気をつけて、お仕事頑張ってくださいね(^-^)/
プロフィール

がむ

Author:がむ
関ジャニ∞大好き。丸ちゃんファン歴8年目の、over50のうさぎミセスです。

関ジャニ∞10周年のエイトの日にブログを開設しました。目標は、20周年のエイトの日に、ここで「おめでとう」と伝えること。

ブログは《自分史》。
毎日、心のほとんどを占めている丸山隆平君の事、関ジャニ∞のことを中心に、日々感じることをあれこれ綴ってます(*^_^*)

コメントもお気軽にどうぞ(^.^)

∞カレンダー∞
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
∞いらっしゃいませ∞
∞カテゴリ∞
∞最新記事∞
∞最新コメント∞
∞月別アーカイブ∞
∞がむの思い出①∞
∞がむの思い出②∞
∞リンク∞
∞ブロとも申請フォーム∞

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR