一息つけたのかな?(*^^*)【追記にマクベス感想あり】

マクベス
07 /14 2016

今日は暑かったですね〜(>人<;)

早朝から近くの中学校にあいさつ運動に行きまして(^^;;
(青少年の健全育成関係のお役のため)

汗だくになって校庭を走る青少年を目の当たりにし、パワーをもらったがむでしたp(^_^)q

その後上京し、グローブ座に行ったお話は【追記】に…(^◇^;)


昨日の休演日。丸ちゃん休めたのかなぁ…と心配でしたが、お仕事もありの、でもゆっくり体のケアもできたようで(*^^*)



今日はまたまたマルターさんたちにお会いできて、あっという間でしたが楽しいひとときを過ごして、高速移動で戻って参りました(=゚ω゚)ノ


有難うございましたm(_ _)m(←私信)




では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^^*)
おやすみなさい☆彡





拍手有難うございますm(_ _)m
更新の励みですp(^_^)q










《マクベスが憑依してる…》

本日昼の公演、2階席から観てきました。

グローブ座の良いところは、2階席でも近いこと(=゚ω゚)ノ
上から観られるので、全体も見渡せて良かったです。

この間からずっと(勝手に)心配してる、丸ちゃんの声具合。
冒頭あたりは、ちょっとかすれてるなぁって思ったけど、ほとんど気にならず。
逆に、これは〈マクベスが憑依してる〉とさえ思えてきた、渾身のマルベスでした。

公演を重ねるごとに、丸ちゃんにマクベスが降りてきてる…、
そうとしか思えないです。

ほら、よくテレビの心霊系で、取り憑かれた人が急に声が変わるように。
エクソシストもそうだったかな?
(ソレ系は苦手なので、浅い見解ですが)

あの怯えもがく時の声、暗殺者を手なづける狂気の甘い声、そして夫人が亡くなってからのエスカレートする狂気の叫び。
いつもの丸ちゃんの声とは全く違う声。
え、誰?って思うくらい違う声。
だから一層胸に迫ってくる怖さがある。

そう、舞台にいるのは紛れもなくスコットランドの暴君でした。

丸ちゃん、お疲れ様でしたm(_ _)m



あ、そうそう!

カテコ、いつものように3度目に丸ちゃんがお言葉をくださるのですが、今日は驚かされたなぁ…(^◇^;)

いきなり
「え〜、実は今日は、重大発表がありまして…」

客席一同、みんな固まる。

え、なに? 悪いこと? いいこと?
…と、冒頭のマクベス気分を味わいドキドキしてたら

丸「外はゲリラ豪雨のようです」

客席「え〜Σ( ̄。 ̄ノ)ノ」

丸「みんな大丈夫?」みたいなこと言ってた気がする。
さらに
丸「こんな時に…」みたいな?

……あ〜、記憶力の低下が恨めしい(>人<;)
2、3、言葉をくれてそのたびに客席、わ〜っとなったのに。

でも、その時は丸ちゃんだった(#^.^#)

そして最後にはける時、要ちゃんが遠慮がちにお手ふり(^◇^;)
ノリの良い客席はすぐ反応し、丸ちゃんも嬉しそうに要ちゃんに合図。
最後は丸ちゃんがお手本の?お手ふりをし、さらに拍手を煽り、またお手ふりでにこやかに去って行きました(#^.^#)


毎回カテコでご挨拶してくれて、丸ちゃんに戻る。

もしかしたら、丸ちゃんの中で、このカテコで〈マクベス〉から〈丸ちゃん〉に切り替えてるのかな…とも思えてきた。

あれだけマクベスが憑依していたら、自分一人で切り替えるのはシンドイけど、客席の(ほぼ)エイターとやりとりすることで、丸ちゃんがスイッチを〈ON〉から〈OFF〉にできてるとしたら、私達も丸ちゃんのお役に立ててる?
だとしたら嬉しいな(#^.^#)


そんな事を思いました(*^_^*)



明日はワタシ的マルベス見納め。
(すみません、何回もm(_ _)m)


心して臨みます。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

がむ

関ジャニ∞大好き。丸ちゃんファン歴8年目の、over50のうさぎミセスです。

関ジャニ∞10周年のエイトの日にブログを開設しました。目標は、20周年のエイトの日に、ここで「おめでとう」と伝えること。

ブログは《自分史》。
毎日、心のほとんどを占めている丸山隆平君の事、関ジャニ∞のことを中心に、日々感じることをあれこれ綴ってます(*^_^*)

コメントもお気軽にどうぞ(^.^)