格別な記念日となりました(#^.^#)☆【追記あり】


ワタクシごとですが…

今日は、私が丸ちゃんと恋に落ちた記念日であります(*^_^*)
(厳密には、片想いの恋に落ちた…となります(^◇^;))


6年前の今日、それまで一番好きなメンバーは、たっちょんだったのですが、この日を境に丸ちゃん一筋になりました(#^.^#)

きっかけは、《大切な日》を初めて読んだこと。
特別なことは書いてなかったけど、なぜか読んだ瞬間心を持ってかれましたε-(´∀`; )
(去年も同じこと書いたと思う(^^;;)

6年経っても、変わらず、いや、もっともっと丸ちゃんが好きです(*^_^*)

丸ちゃんのおかげで、毎日色んな事に感謝できるようになりました。
丸ちゃんのおかげで、この歳になっても胸がキュンとなります。
丸ちゃんのおかげで、たくさんお友達ができました。

丸ちゃんと出会えた偶然に、心から感謝しています☆彡
丸ちゃん、そこにいてくれて、ありがとう☆彡

これからも、ずっと好きでいさせてください(*^_^*)



そんな記念日の今日!
昨日記事に書いたグローブ座の看板(巨大ポスター?)を、この目で見てまいりました(^_^)v







あ、そのためだけに会社休んで、群馬から上京したわけではないですよ(^◇^;)

今日は、埼玉に、蜷川幸雄さんの遺作の舞台を観に行くことになっていて、お休みは取ってあったんです。
で、舞台の前に埼玉のエイターさんのお友達にも会うことになっていて。
それが、前日になってすごいもの放り込まれたもんだから、急遽お友達にワガママ言って、一緒に見に行ったというワケ(^人^)

いやぁ、圧巻でした(≧∇≦)

記念日にエイター会もできて、グローブ座の丸ちゃんにも会えて、格別な記念日となりました(#^.^#)

ありがとね(←私信)


蜷川幸雄さんの舞台も、とっても素敵でした(*^_^*)
最初で最後になってしまったけど、一度でも観られて良かったです(*^_^*)

この事もじっくり書きたいんだけど(=゚ω゚)ノ
今日時間があったら、また書きます(^^;;




【追記】

そういえば明日は、リサイタル当落発表Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
どっちに転んでもてんやわんやになりそうなので、蜷川さんの舞台の事は、今日忘れないうちに書いておこう_φ(・_・
→〈続き〉へ



では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)
おやすみなさい☆彡





拍手有難うございます。
とっても嬉しいです(*^_^*)
続ける励みですp(^_^)q






蜷川幸雄さんの遺作『尺には尺を』を観てきました。


私はお芝居を観るのが好きですが、蜷川幸雄さんの作品は観たことがありませんでした。
今回を逃したらもう絶対観られないので、どうしても観たくて、急遽チケットを探したのです。

シェイクスピアの喜劇…。
藤木直人さん、多部未華子ちゃん出演。
どんな感じかなぁ…
と、ワクワクして開演を待ちました。

席に着いて驚いたのは幕が既に上がっていてキャストさん達が舞台上で、ストレッチをしたり台詞の練習をしたり…、好き勝手に過ごしていること。
開演時間が迫ると藤木直人さんや多部未華子ちゃんも登場し他のキャストさん達と談笑してるΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
そして、衣装(羽織物)をかけたラックと鏡が出てきてキャストそれぞれが自分で着て鏡で確認し…


開幕の合図が鳴ると全員で舞台上に整列してお辞儀。
……から始まるんですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

詳しいお友達に聞いたら、蜷川作品のお決まりの流れなんだとか。

あと、客席もフツーに舞台の一部分として使ってるのがビックリΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
これも定番の作りらしい(=゚ω゚)ノ

決して広くはない舞台だけど、ホール全体を使ったり、舞台装置を上手に活用してすごく奥行きを感じさせたり…。
不思議な空間が出来てました。
さすが☆

シェイクスピアの、やたらと長くて現代人にはまどろっこしい台詞も、音楽を聴いているように心地良かったのはキャストさんの力量なんでしょうね(*^_^*)

普段、こんな風に例えて話す事ないよなぁ(^^;;
と思いつつ、台詞を理解するのに必死で耳を傾けました(^◇^;)

400年も前に書かれた物だから当たり前なんだけど、タイムスリップしたようで観てても聞いてても居心地の良い時間でした(*^_^*)

多部未華子ちゃん、素敵な女優さんですね(#^.^#)

ラストシーンは、蜷川幸雄さんの追悼の形に変えたの?
それとも、偶然?
って思うような綺麗な青空に泣けて来ちゃいました。

カーテンコールでは、舞台先端に並ぶキャストさんの後ろ、舞台中央に、大きな蜷川さんの遺影が下りて来て、客席に微笑みかける。

蜷川さん、そしてキャストさんの清々しい顔が、真っ直ぐ客席に向けられ、また泣けてきました(T ^ T)

素敵な時間をありがとうございました(*^_^*)
改めて、蜷川幸雄さんのご冥福をお祈り致します。


……そしてやっぱり丸ちゃんの事を想いました。

マクベスも膨大な台詞で進んでいく。
自身の苦悩を表す独白も。

丸ちゃんが、このお仕事が決まった時に語っていた、
《きれいな言葉が数々と続く物語をいつかは演じてみたい思っていたので…》
の言葉。

今日聞いたようなきれいな言葉が、丸ちゃんの声で音楽みたいに流れて、観客を包み込むのを楽しみにしています(*^_^*)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

がむ

Author:がむ
関ジャニ∞大好き。丸ちゃんファン歴8年目の、over50のうさぎミセスです。

関ジャニ∞10周年のエイトの日にブログを開設しました。目標は、20周年のエイトの日に、ここで「おめでとう」と伝えること。

ブログは《自分史》。
毎日、心のほとんどを占めている丸山隆平君の事、関ジャニ∞のことを中心に、日々感じることをあれこれ綴ってます(*^_^*)

コメントもお気軽にどうぞ(^.^)

∞カレンダー∞
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
∞いらっしゃいませ∞
∞カテゴリ∞
∞最新記事∞
∞最新コメント∞
∞月別アーカイブ∞
∞がむの思い出①∞
∞がむの思い出②∞
∞リンク∞
∞ブロとも申請フォーム∞

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR