「マクベス」考

マクベス
04 /05 2016

……などと、偉そうに語れるほど読み込んではいませんが(^◇^;)
願掛けにと、まずは一回読んでみて、気になった箇所をまた読んで…を繰り返しているがむです(=゚ω゚)ノ


読んでいると、様々な疑問が浮かんできます。

そもそもの始まりである〈魔女の予言〉。
何度か読んでいると、この〈予言〉ってなんだろう?
って思えてくる。
魔女がかけた魔法?

これほどマクベスが囚われ、挙句に破滅していくきっかけ。




「〈男らしい男になりたかった、愛情豊かで繊細な男〉が、破滅へと駆け抜けていくさまを、若いエネルギーが暴走する切ない物語として立ち上げたい…」

今回のマクベスにあたり、演出の鈴木裕美さんは、そう話されてます。


このお芝居、奥さん(マクベス夫人)がポイントかしらね。

マクベスは、奥さんをすごく愛してた。
そして、愛する奥さんに、自分の男らしいとこを見せたかった。
戯曲を読んでまず思ったのはそこでした。
(あくまでも勝手な解釈ですので(^^;;)


領主、さらに国王という、多分男としては誰でも憧れる出世街道。
それが自分に起こるのか?という期待を、すぐに奥さんに伝えたかったんでしょうね。
だから、魔女に言われた予言を手紙に書いて奥さんに送ったわけですよね。
「オレ、すごいことになるかもよ(=゚ω゚)ノ」
……って。(そんな言葉は入ってませんが(^^;;)

でも、マクベスは優しい人。そして、謙虚でもあったと思う。
どうなんだろう、あの予言は本当なんだろうか?
そう控えめに思っているところに、奥さんの叱咤激励(といえるのか?)

手紙を読んだ夫人の言葉。
「さあ、早く帰っていらっしゃい、あなたの耳に私の強い心を注いであげる、私の舌の勇気で黄金の王冠からあなたを遠ざけている邪魔物を追い払ってあげる…」
う〜ん、ゾクゾクします{(-_-)}

で、結局、邪魔者は消すしかない的な発想で、ダンカン国王を殺してしまう。

マクベスの奥さん、どんな気持ちでマクベスをけしかけたんだろうか?
奥さんが国王の妻というポジションに強い憧れをもってたのかしら?
それともマクベスからの手紙を通して、魔法(呪い?)にかかった?


結局奥さんは精神を病んで死んじゃうし、マクベスも同じように、結局殺されちゃう。

なんとも哀しい最期…。
あ、だから、四大悲劇の一つなのか…Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


マクベス夫人を誰が演じるのか、非常に興味深いところです(=゚ω゚)ノ

誰なら合うかなぁ(´-`).。oO
丸ちゃんより年上の女優さんでしょうね(*^^*)
気になるぅ(^人^)

あ、因みに、ワタクシ、スケジュール空けてありますよ( ´ ▽ ` )ノ(←えっ?)


舞台稽古を前に、丸ちゃんもこんなふうにマクベスと向き合ってるのかな(´-`).。oO
そんな丸ちゃんの心に寄り添いたくて、マクベスに向き合ってます(*^^*)


繰り返しますが、そんなに深く読み込んだわけではないので、論点もずれてると思います(^^;;
戯れ言と、読み流してください(^^;;



では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^^*)
おやすみなさい☆彡





拍手有難うございます。
とっても嬉しいです(#^.^#)
続ける励みですp(^_^)q
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

がむ

関ジャニ∞大好き。丸ちゃんファン歴8年目の、over50のうさぎミセスです。

関ジャニ∞10周年のエイトの日にブログを開設しました。目標は、20周年のエイトの日に、ここで「おめでとう」と伝えること。

ブログは《自分史》。
毎日、心のほとんどを占めている丸山隆平君の事、関ジャニ∞のことを中心に、日々感じることをあれこれ綴ってます(*^_^*)

コメントもお気軽にどうぞ(^.^)