オレンジ色のひとりごと

人に喜んでもらえることを一日ひとつ。それだけで心豊かに。(丸山隆平君レンジャーより)

8月15日に想うこと

今日は69回目の終戦記念日。

夏になると毎年、戦争関連の番組や新聞の記事を目にする機会が増えます。

今年の冬に「永遠の0」を観ました。原作は読んでなかったので、予備知識はほとんどないまま観たのですが、岡田君の演技の素晴らしさに引き込まれ、すごく色々考えさせられ、今まで観た中でダントツ一位の、忘れられない映画になりました。結局映画は二回観て、DVDも予約して既に我が家にあります。原作も、映画の後に読みました。

今、日本は平和な毎日を過ごしてますが、世界のあちこちでは様々な争いが続いてます。「集団的自衛権云々…」と語るつもりはありませんが、過去に日本が戦争をしていた事は事実なわけで、年に数回の、戦争を思い出させる日にはちゃんと思い出して、犠牲になった沢山の方達に心を向けようと思っています。

映画の中の「戦争が終わったら、どんな世の中になっているんでしょうね…」という台詞が、心に刺さりました。戦争で亡くなった方々に納得して頂ける世の中に、今なっているんだろうか…、せめて終戦記念日や原爆の日には、ちゃんと立ち止まって考えようと思います。

映画の主題歌、サザンの「蛍」の中の、
青空は悲しい空 揺れる木洩れ陽が切なくて……
の歌詞が全てを物語っていると思います。
今なら明るくキラキラしたイメージしか浮かばない「青空」や「木洩れ陽」が悲しく切ない……。それが戦争というもの。

だいぶ前ですが、木村拓哉さんや唐沢寿明さんが出演し、特攻隊を描いた「君を忘れない」という映画をテレビで観ましたが、これも忘れられない作品でした。その頃好きだったキムタクさんが出るというだけで観ましたが、それまであまり知らなかった戦争や特攻隊の事を考えるきっかけになりました。
「永遠の0」にはKAT-TUNの上田君も出ていて、明らかにファンらしき女の子達がエンドロールに歓声をあげてました ^^;

人気アイドルの出演は、色々な捉え方があると思うけれど、その人の出演によって、戦争を知らない世代の人達が観て、考えるきっかけになるなら、それは良い事だと私は思います。「DMAT」におーくらさんが出演されたように……。

来年は終戦から70年の節目の年。
戦争関連のドラマや映画が色々作られるんでしょうね。
丸ちゃんは、真剣な表情や切ない表情が素敵だから、そういうドラマで熱演して下さることを、今から待ってますよ~ (^-^)/


ん?…… これが、オチ? f^_^;)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

∞プロフィール∞

がむ

Author:がむ
関ジャニ∞大好き。丸ちゃんファン歴7年目の、over50のうさぎミセスです。

関ジャニ∞10周年のエイトの日にブログを開設しました。目標は、20周年のエイトの日に、ここで「おめでとう」と伝えること。

ファン歴が長くなるにつれ、色々な想いも抱える日々。
愛の形は変われども、丸ちゃんを想う気持ちは変わりません。
丸ちゃんの中の〈陽〉にも〈陰〉にも寄り添い続けたいと思います。

コメントもお気軽にどうぞ(^.^)

∞カレンダー∞

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

∞天気予報∞


-天気予報コム- -FC2-

∞いらっしゃいませ∞

∞がむの思い出①∞

∞がむの思い出②∞

∞ブロとも申請フォーム∞

検索フォーム

QRコード

QR