FC2ブログ
人に喜んでもらえることを一日ひとつ。それだけで心豊かに。(丸山隆平君レンジャーより)

答え合わせ。(オールナイトニッポン)

たっちょんからの手紙。

今朝起きてすぐに、タイムフリーで聞きました。


ちゃんと伝わるように…と長いお手紙を書いて来て、それを読み上げつつ、リアルな感情も入れつつ、私たちに語ってくれました。


今回のことで私が腑に落ちなかったこと、解せなかったこと、聞きたかったこと…。
その全部の答え合わせをしてくれました。
本当に全部です。
びっくりしました。



さらに、知らなかった事も教えてくれました。
十五祭の演出、全て、細部に至るまで、たっちょんが手がけたこと。

たっちょんは、
十五祭は、僕らとファンのためのもの、関係者のためのものじゃない
って、堂々と言ってました。

そして、「どこからのファンでも楽しめるものにしたかった」…と。
選曲も見事でしたよ!
聴きたかった曲、見たかったダンス曲、ぜーんぶ入ってました。
7年ぶり(2012年以来)の長女も、ほとんど知ってる曲だったし。
eighterになった頃の『PUZZLE』の曲や、ダンスでの「ズッコケ…」「ブリュレ」、懐かしすぎる「二人の涙雨」あたりに大喜びでした。

過去の映像やMVを惜しげもなく流し、内くんやすばるくんが確かにそこに居たことを、ちゃんとeighterと振り返ってくれました。

映像も、お楽しみコーナーも、照明も、みんなたっちょんが考えたんでしょ?

東京ドームの天井から見て初めて分かった、凝った照明の数々。
本当に綺麗でした(*´ー`*)


そして、
お手紙の中で伝えてくれた、本心。
お手紙だったからこそ、ちゃんと伝わった本音は、eighterが抱えて来た辛さと全く同じでした。

すばるくんの件までは、このグループは絶対変わらないと思ったこと。
でも、すばるくんの件で、永遠に変わらないものはないと思い知らされ、ヤスくんのことで命について考えた。
私たちと全く同じことを、エイトも悩み苦しんでいたことを教えてくれて有難う。
どんなに救われたか。


個々の人生、グループとしての今後など、ずっと考えて沢山話し合いを続けて来たこの2年間、本当にシンドかったこと。
1回グループを閉じようかとも思ったこと。
次にまたこういう事があったら終わりだ…ってことまで。

「寂しい」
「疲れた」
「休みたい」

そんなネガティブな言葉を、正直に言ってくれたたっちょん。

すばるくんの時と同じで、たっちょんのその素直な言葉に、eighterは本当に救われるのです。

ありがとう。


傷だらけでも泥くさくても、今は立ち止まるわけにはいかない。
一度休んでしまったら、次に走り出す時の大変さは相当なものだから。
…だから、休まずに走り続けるんだって。

でもね、
あえて言わせてもらうと。

選択肢は《走る》だけじゃないと思う。
《歩く》だっていいと思うの。


疲れたまま走り続けたら、ケガしちゃうよ。
歩くことで見えてくる景色も、ちゃんとあるから。

そして、もっと疲れたら、無理しないで休んでほしい。
eighterを信じてね。

…………………………

丸ちゃん、花火にバーベキューに(^。^)
楽しく過ごせてよかったね( ´ ▽ ` )/

明日からもまた、一緒に頑張ろうねp(^_^)q
1人じゃないよ(^_^)v


では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)
おやすみなさい☆彡


お立ち寄り頂き有難うございました。
拍手も有難うございます。
更新の励みです。






関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Copyright © オレンジ色のひとりごと. all rights reserved.

カスタマイズ: