FC2ブログ
人に喜んでもらえることを一日ひとつ。それだけで心豊かに。(丸山隆平君レンジャーより)

3・11

今日は、東日本大震災から4年目の日。

ブログを始めてから迎える最初の3・11なので、あの日のことをここに綴っておこうと思います。

ここ群馬でも相当大きな揺れでした。
私は会社にいて、膝にかけていたブランケットだけ持って、皆と外に出ました。地面が揺れて立っていられなくて、怖くて座り込みました。

暫くしたら、ワンセグでニュースを見ていた人が「津波だ」と言い、私もその画面を覗き込みました。
映画か何かのような、とても現実には思えない様子に、大変な事が起こってる…と気づき、急に怖くなりました。
結局その後どうなるのかわからないので、私は帰らせてもらう事にしました。
でも、停電で信号機はついてないし、踏切は閉まったままだし、回り道をしながらようやく家に着きました。
家には、義母と、午前中が卒業式で早帰りだった、当時中一の次女。とりあえず、怪我もなく一安心しましたが、部屋の中は本棚の本が飛び出してたり、あちこちで物が落ちてました。

幸い家は停電にならなかったので、ずっとテレビで津波の様子を見つめていました。

オットや長女とも連絡がつき、何とか皆無事でした。長女に至っては、高校卒業した後で、関西に旅行中。地震の時は神戸のカフェにいたんだそうだ。

あの日は、わけが分からないまま、不安の中でテレビをずっと見続けていた記憶しかありません。

時間が経ち、日が経つにつれ、とんでもない事が起こっている事がわかり、ただただ不安でした。計画停電も始まり、学校からは給食が出せないからお弁当を持参するように、なんて通達があり、朝停電でどうやってお弁当作るんだよ!と、やり場のない怒りを抱えたり。オール電化にしたことを悔やんだ瞬間でした。


東北三県の被災地の様子が報道で明らかになるにつれ、どうしてこんなことが……、と言葉を失うばかりでした。


あれから4年。

この間ラジオで、「義援金が、当時の1/10に減ってしまっていて、困っている」と伝えていました。
確かに、あの当時は、とにかく何かできることを……と、お店に寄る度に募金箱を見つけては少しですが協力させてもらってました。

でも、いつの間にか意識の隅の方に行ってしまっていたことを、この報道で反省しました。

被災地から離れていると、今は震災前と全く変わらない時間を当たり前に過ごしています。

でも、同じ日本の中で、まだまだ大変な思いと、消えない悲しみと、大変な不便を抱えて毎日懸命に生きている方達が沢山いらっしゃることを忘れてはいけないと、改めて強く思いました。


あの時、エイトは大丈夫だったのかしら?と、とても不安になりました。丸ちゃんの日記も暫く更新されず、とても心配でした。でも、暫くして、ジャニーズ事務所の名前でメッセージが配信され、一安心したものです。

あとで、あの時丸ちゃんは、「日経エンターテイメント」の取材中だったことを知り、その時の取材記事と、その時丸ちゃんがどれだけしっかりと、スタッフさん達にまで気を使っていたかを記者さんが書いていてくれて、涙が出ました。

人として、とても立派に行動された丸ちゃんが誇らしく、記事を読んで涙が出ました。
今、あの日の丸ちゃんの顔を写した写真と記事を見ていました。
いつもの笑顔の、丸ちゃんでした。



今も大変な皆さん、そして丸ちゃんが、明日も元気でありますように。
おやすみなさい☆彡


mさん、拍手コメント有難うございます。追記にお立ち寄りください(^-^)/





拍手有難うございます。とっても嬉しいです(#^.^#)
続ける励みですp(^_^)q











∞miyaさんへ∞

拍手コメント、有難うございました(*^^*)
本当に「関パニ」、最高ですよね!
ちょうどエイトと出会った頃始まったので、リアルタイムで毎週観られてラッキーでした。
お金かけてくれなくていいから、また深夜の30分でいいから、「関パニ」みたいのをやってくれないかしら……と切に願う今日この頃です(^^;;

ではまた、いつでもどうぞ(^-^)/


関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Copyright © オレンジ色のひとりごと. all rights reserved.

カスタマイズ: