FC2ブログ
人に喜んでもらえることを一日ひとつ。それだけで心豊かに。(丸山隆平君レンジャーより)

後輩へ伝えること。(@RIDE ON TIME )

金曜日夜中に放送された《RIDE ON TIME 》、今日録画を観ました。

11月の『GR8EST』追加公演に臨む〈なにわ男子〉に密着。
あの時、レポで「〈なにわ男子〉がエイトのライブに出た」と知り、驚くと同時にちょっと複雑な思いがあったのも事実です。
でも、この放送を観たら納得…というか、腑に落ちたというか。
そういうことだったのね…と飲み込めました。

これまで何度か見てきたヨコちゃんとたっちょんが関ジュの指導に当たる姿に、かざぽんのナレーションが加わり、すごく素直に心に伝わりました。
「関ジュの熱さを見ていたら、なんとかしたいと思った…」と言うヨコちゃん。
自分たちだから教えられる〈ドーム規模での自分たちの見せ方〉を、熱心に教えるたっちょん。
6人のリスタート公演で、自分たちのことだけだって大変だったのに、2人はこういうこともしてたのか…と、今さら知って胸がいっぱいになりました。

西畑君が明かしてくれた、たっちょんから教わった3つの教訓。
1…楽しむこと。
2…この景色をわすれないこと。
3…次は自分の実力で、ここにもどってくること。


丈一郎君が語った、エイトさんに教わったこと。
「上の方(ドームの2階席など)は、普通に手を振るのではなく、ちゃんと見て手を振らないと、思いは通じない。」

…などなど、貴重なアドバイスをいっぱいもらった〈なにわ男子〉。
当日、出番前の円陣で、西畑君が、
関ジャニ∞さんの舞台です。波を止めないように、波に乗っていきましょう…
とメンバーに言ってました。

エイトの、本当のツアー最終日に、自分たちがお邪魔することの責任の重さが伝わりました。
先輩のステージ、盛り上がっているところにデビューもしていない自分たちが出ることで、会場の熱気が冷めたらどうしよう…、そんな不安もあっての言葉なのでしょう。

開演直前、亮ちゃんやヤスくんが声をかけてあげてるところが映りました。
(丸ちゃんいたかな?よく分からなかった(^^;;)
そして始まったライブ。
歓声の大きさに、舞台裏で驚く面々。
Jr.くんたちを見てからエイトを見ると、本当に貫禄あるなぁ…と誇らしく思いました。
と同時に、エイトもこういう時代が確かにあったのだと思い出させてくれました。
(私がまだエイトのことを何も知らなかった頃)

・・・・・・・・・・

エイトがJr.の頃、デビューを目指していた頃は、教えてくれる先輩は西にはいなかったはず。
全部自分たちで手探りで、間違いながら、転びながら、がむしゃらに前に進んでデビューに辿り着いた。
だから今、自分たちがもし先輩がいたらして欲しかったことを後輩にしてるんだろうな…と思いました。

デビューから15年。
8人が7人に、そして6人になったけれど、何があっても歩みを止めずに進むエイトの背中を、後輩たちはちゃんと見て、目標にしてるんでしょうね。

エイターでいることが、改めて誇らしいです。

* * * * *

寒い日は、家に帰って温かいお風呂に入るのが一番ですね(*´∀`*)(@大切な日)
私もお風呂が至福の時。
でも、一番はお布団に入った時かな(*´∀`*)
「むぁ〜〜〜〜」じゃないけど( ̄∇ ̄)
「ふぅ〜〜〜〜」って声を上げて、重力に身を任せて眠りに落ちるのです(´-`).。oO


では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)
おやすみなさい☆彡

お立ち寄り頂き有難うございました。
拍手も有難うございます。
更新の励みです(*^_^*)



関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Copyright © オレンジ色のひとりごと. all rights reserved.

カスタマイズ: