FC2ブログ
人に喜んでもらえることを一日ひとつ。それだけで心豊かに。(丸山隆平君レンジャーより)

いろいろないちにち。

お友達から、とても貴重なエイトの昔の公式お写真や、昔の番組のディスクを送って頂き、幸せを分けて頂き嬉しいがむです。tさん、有難うございました(#^.^#)(←私信)

さらに、別のお友達から、銀河鉄道のような拍手の数字の写メを頂き、またまた幸せを分けて頂きました☆☆☆。kさん、有難うございました(#^.^#)(←またまた私信)

今日は、色々なお友達から優しさを、たくさんたくさん頂きました。

今日は、ブログをやってて良かった……、心からそう思えました。


有難うございました(*^_^*)



明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^^*)
おやすみなさい☆彡








拍手ありがとうございます。とっても嬉しいです(#^.^#)
続ける励みですp(^_^)q













今日、母が旅立ちました。81ちゃいでした。
先月末に、心不全で救急搬送され、その後回復し退院しましたが、また衰弱し入院してました。
数日間意識がなかったり、会話が出来るくらいしっかりしたり、また意識がなくなったり……。
特に病気があったわけでもなく、ロウソクの炎がだんだん消えていくように、無理な延命は望んではいなかったので、自然に消えていった命でした。

子供として思うことは、ただひとつ。「お疲れ様」

悲しい気持ちももちろんあるし、もう少し生きて欲しかったのも、もちろんある。
でも、自分の親や兄妹、夫、親しかったお友達のほとんどが、もうあちらにいることを考えると、「逝かないで!」より、「みんなに会えたかな?」と穏やかに思えるのです。

ある意味、順番通りで良かった……とも。
しかも、穏やかに旅立てたのなら、「お疲れ様」です。

足が弱り、視力も衰え、いろいろ不自由していたけれど、そんな全てから解放され、楽になれたかな?
それだけが気になります。

父が先に向こうに行ってから20年以上の時間を、小さな身体で独り暮らしで過ごして来た母。
実家から少し離れて暮らす私は、つい日々の慌ただしさにかまけて、まめに寄ってあげられず、それだけが悔やまれます。

明後日、見送りを済ませて初めて、実感が湧いてくるのだと思いますが、いつも「ありがとう」の心でいられるように、母の思い出と過ごそうと思います。

大好きな「忘れられないおくりもの」の絵本のように。


こんなプライベートをここに綴ること、躊躇しましたが、このブログは私の生きた証しの意味もあるので、この日のことも、ちゃんと残しておきたいと思い、書かせて頂きました。

湿っぽいひとりごと、失礼しました(^^;;






関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Re: 心よりお悔やみ申し上げます
∞ゆーみんさんへ∞
こんばんは。コメント有難うございました。なかなかお返事できなくてごめんなさいm(__)m
いつかはと覚悟はしていたし、高齢だし……と思ってはいてもやはり、その姿が無くなり、写真と位牌だけになるのは寂しいものですね。
これから色々な日常のちょっとしたことで、思い出すのだと思いますが、それはいつもそばにいることだと思って、日々過ごして生きたいと思ってます。
ゆーみんさんも、お子さんの受験で落ち着かない日々を過ごされてると思いますが、体調崩されませんように。
お互いに色々落ち着いたら、またいっぱい丸ちゃんを語りましょうね(^-^)/
がむ | URL | 2015/03/01/Sun 23:40[EDIT]
Re: タイトルなし
∞シュナさんへ∞
こんばんは。お返事が今頃ですみません。
お優しいコメント、本当に有難うございました。
シュナさんも、辛い思いをされて間もなかったんですね。お察しします。
順番通りだからと、それだけが救いだと自分に言い聞かせています。
時間が経てば経つほど、いろんな時々の、ふとしたことで思い出してしまいますが、これからはいつも心の中にいる……というクサい台詞のような言葉を、結構本気で信じながら過ごすと思います(^^;;
また、いつでもお気軽にお立ち寄り下さい(^-^)/
がむ | URL | 2015/03/01/Sun 23:51[EDIT]
Re: こんにちは
∞ゆーみんさんへ∞

こんばんは!優しいコメントを有難うございます。
息子さん、ご卒業おめでとうございます(*^o^*) 確かに、進路決定は卒業式後になりますね〜。落ち着かないんですよね( ;´Д`) お察しします。
でも、春はそこまで来てますよ^_^ 大丈夫、 大丈夫(^_^)v
ゆーみんさんも、お身体に気をつけてお過ごし下さいね( ´ ▽ ` )ノ
がむ | URL | 2015/03/04/Wed 23:24[EDIT]
Copyright © オレンジ色のひとりごと. all rights reserved.

カスタマイズ: