『NEVER GONNA DANCE』でお世話になってるみなさんへ@すばるさん

雑誌
02 /09 2015

今日は、すばるさん御出演の「COVERS」がありますね☆

ってことで、エイトのラスボス!すばるさんのはこれ↓

《『NEVER GONNA DANCE』でお世話になってるみなさんへ》

ミュージカル『NEVER GONNA DANCE』の全キャスト、全スタッフのみなさまには、ほんまにお世話になってます。みなさんのおかげで、俺は、最高に充実した毎日を過ごせています。

この仕事をいただいたときは、正直言うと、「なんで俺なん⁉ 無理やろ!」という思いが強く、できることなら逃げ出したかったです。でも、実際に、この作品に取り組んでみると、ハマる一方で、今では心からこの仕事が楽しいです。それも、みなさんのおかげやと思っています。みんなアホばっかりですけどね(笑)

とにかく個性的な方たちばかりで、ほんまにおもろいです。すごいキャリアを持ってるみなさんが、見た目はサウナにおるような普通のおっさんってのが衝撃的でした。おっさんなのに、歌、めっちゃうまいなんて、カッコよすぎます。俺のおとんの1コ下なのにすんごい踊れるなんて、信じられません。おかげで、稽古終わってから、みんなでメシ行ったりするのが長くなって長くなって、今日も寝不足気味です。最初はもちろん緊張しました。もともと人見知りする性格だし、すごいキャリアの人たちばかりだし、ミュージカルのプロ中のプロみたいな人たちと俺が同じ舞台に立っていいのかって気持ちもあったし、でも、稽古を重ねるうちに、俺を自然と仲間に入れてくれて、今は、このチームにいる時間が心地いいです。

この作品にかかわるようになって、俺も仕事に対する意識が変わりました。今までは「このくらいできればいい」みたいな合格ラインを作って仕事していた部分がありました。でも、この作品に対するみなさんの姿勢を見ていると、「これでいい」って思えることなんてないんだって気付かされました。常に上をめざす意識、絶対に忘れません。

全ての公演が終わったとき、俺は、泣いてしまうかもしれません。やり遂げたことへの達成感か、もっとできたはずだっていう悔しさか、わかりませんが、何か込み上げてくるものがあると思います。でも、確かなのは、その時の俺の心は、みなさんといっしょに仕事できなくなるさびしさが、いちばん大きいだろうということです。できることなら、もっと舞台に立ち続けたいです。

わからへんことだらけで、いつも迷惑かけてばっかりでしたが、こんな俺とこれからも末永く仲よくしてやってください。そして、絶対に、またいっしょにやりましょう!

スパッドこと渋谷すばるより

(Myojo 2005年4月号より)


…………、なんか感慨深すぎて、言葉が見つかりません。

10年前、すばるさんミュージカルに出演されてたんですね。しかも、ジャニーズじゃない人達。プロ中のプロみたいな方達の中で、頑張ってたんですね。23歳の頃。

《おっさんなのに、歌めっちゃうまいなんて、カッコよすぎます。》
……今のすばるさんが、まさにそれですよ。(←ちょっと若いおっさん(^^;;)

昔も今も、一言一言に重みがある。
すばるさんの歌に魂が込められてるように、すばるさんの発する言葉にも、魂が宿っていると思います。

このお手紙のちょうど10年後、映画で主演されるなんて、不思議な巡り合わせですね。
ミュージカルで共演された方達も、喜んでいるでしょうね。


私はこの頃のエイトは全く知りませんが、「渋谷すばる」という名前だけは知ってました。
10年後、この人の歌声や生き様に、こんなにも惹かれるとは……、出会いって不思議だなって思った、がむでした。



では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(^。^)
おやすみなさい☆彡




拍手有難うございます。とっても嬉しいです(#^.^#)
続ける励みですp(^_^)q
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

がむ

関ジャニ∞大好き。丸ちゃんファン歴8年目の、over50のうさぎミセスです。

関ジャニ∞10周年のエイトの日にブログを開設しました。目標は、20周年のエイトの日に、ここで「おめでとう」と伝えること。

ブログは《自分史》。
毎日、心のほとんどを占めている丸山隆平君の事、関ジャニ∞のことを中心に、日々感じることをあれこれ綴ってます(*^_^*)

コメントもお気軽にどうぞ(^.^)