FC2ブログ
人に喜んでもらえることを一日ひとつ。それだけで心豊かに。(丸山隆平君レンジャーより)

レジで確認されたこと…(⌒-⌒; )(@雑誌祭り)

本日のお買い上げ品(*^^*)

201711101832215f9.jpeg

レジで、
「同じものが2冊ですが、よろしかったでしょうか?」
と丁寧に確認されました(⌒-⌒; )

「あ、はい」
と、いかにも〈1冊は頼まれたのよ感〉を出して返事する私。
(1冊は保存用ですから…なんて、決して言わないd( ̄  ̄))

表紙から写真から…、オトナなが素敵すぎて(//∇//)
やはり保存用も必要でしょう(*・ω・)ノ

内容は…
これが以前丸ちゃんが〈大切な日〉で話していた《有限と無限》のお話なのね(*^^*)
確かに、記号(∞)がグループ名に付いてるって、不思議ですね(^◇^;)
しかも、もとは8の字で『エイト』だったけど、横にして『∞』をそのまま『エイト』と読ませてる…(^◇^;)
でも、
やっぱり名前って大事だと思いますよ。特に芸能界ではね。

ゲス…とか名前についてると、なーんかイメージ悪くない?ほら、やっぱり…とか思っちゃう私は感覚が古いのかな?(^◇^;)

えっと

話を戻して。

山田の対談では『応答セヨ』についてじっくり語ってましたね(*^^*)

丸ちゃんの言葉は、西田監督のラジオで話した事とほぼ同じでした。
ラジオでは、
「大貫はじめの声が、映画の終わりに今度は関ジャニ∞として出てくる事、最初はそれを避けたいって思ってた」

って言ってました。
私たちは単純に、
「丸ちゃん主演!主題歌エイト!わーい!」
って喜んだけど、丸ちゃんにしてみると、役者の自分は役者のまま全うするべき…って気持ちもあったのかな?

そして、ラジオでは、
映画の世界観を知ってるのはグループの中で自分だけだから、架け橋にならなければ…
それを意識してAメロの歌い出しを歌った。
結果として、こういう形で曲にアプローチ出来たのが新鮮だった。

…とも語ってましたね。

『応答セヨ』には、『LIFE〜目の前の向こうへ〜』を出した時の情熱やトキメキがある。
《今の俺たちのLIFE》っていう感覚だ
…とも。

山田の対談でも、年相応の音楽に巡り会えた…って言ってますね(*^_^*)

ラジオや映画祭で聴きましたが、本当に、映画の世界観を大切にしていて、素敵な余韻に浸らせてくれる曲です(*^_^*)
もちろん曲だけで聴いても、初めて聴いた瞬間から「これ好き!」と直感しました(*^^*)
発売が楽しみです(*^^*)

西田監督と丸ちゃんのラジオ、録音したのをホントに毎日聞いているので、ついそれを軸に書いてしまいました(^◇^;)
分かりづらい記事でごめんなさい(><)


では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)
おやすみなさい☆彡



【追伸】

もしかして、気付いちゃいました?(^◇^;)

20171110183222be5.jpeg

今日またこの子も連れて帰っちゃいました(^◇^;)
3冊目(^◇^;)
だって1冊だけポツンと置いてあって、この横顔が淋しそうだったんだもん(*´-`)

保存用が2冊になりました(^◇^;)
笑ってやってください( ̄∀ ̄)


そして…

TVガイドpersonが、凄すぎる(//∇//)

これはまた改めて。



長い記事になってしまいましたが、お立ち寄り頂きありがとうございましたm(_ _)m
拍手もありがとうございますm(_ _)m



関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Copyright © オレンジ色のひとりごと. all rights reserved.

カスタマイズ: