もう一つの祈りの日

自分ごと
08 /09 2017

今日はナガサキの日。

新聞には
『長崎を最後のひばく地に』
と書かれたキャンドルの写真が載っていました。
ひらがなと、字の感じから、小学生が書いたものでしょうか。

〈怒りのヒロシマ、祈りのナガサキ〉
とも言われているようです。
クリスチャンが多い長崎での原爆忌の映像は、教会で祈る方々の姿が印象的です。

数年前に観た、二宮君と吉永小百合さんの映画『母と暮らせば』。
長崎の原爆で亡くなった息子が、母のところに幽霊となって戻ってくる話。

幽霊の息子と対面しても、驚くこともせず、いつもどおりに穏やかに振る舞う母。
随所で静かに祈りを捧げる母。
この穏やかさが、逆に悲しみの深さを引き立てていました。

長崎は、周囲を山に囲まれた地形のため、被害の範囲が狭かったようです。
でも爆弾の威力は広島に落とされた物より強かったとか。

原爆投下から72年の歳月が流れましたが、こんな小さな日本の国土に2つも原爆が落とされたという事実は、何年何十年経っても忘れてはいけないこと…と、改めて思いました。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

がむ

関ジャニ∞大好き。丸ちゃんファン歴8年目の、over50のうさぎミセスです。

関ジャニ∞10周年のエイトの日にブログを開設しました。目標は、20周年のエイトの日に、ここで「おめでとう」と伝えること。

ブログは《自分史》。
毎日、心のほとんどを占めている丸山隆平君の事、関ジャニ∞のことを中心に、日々感じることをあれこれ綴ってます(*^_^*)

コメントもお気軽にどうぞ(^.^)