…からのフトコロノカタナ(@丸ちゃん編)


前の記事の件を検証すべく、コンビニで立ち読みして参りました(^^;;
(お休みだと、こんなことばっかしてる(⌒-⌒; ))


結論から言うと、バズリズムやMUSICDAYでの発言は全く関係なかったですね(^◇^;)

「ジャム」初回A特典の《フトコロノカタナ》に起因する記事でした(^◇^;)

マンガを買い集める丸ちゃんが、BLもののマンガを手にしていたことがネットで話題になっていたようですね。
(私は全く知りませんでしたが(^^;;)

で、以前ジャニ勉でも丸ちゃんがBLについて語っていたことも記事に載っておりました。
ま、記事自体は特に驚愕するようなものでもなかったし、BLがどうこうってものでもなかったし。


…ということで、
《フトコロノカタナ》の丸ちゃんのところをもう1回観ました(*^^*)

特典映像《フトコロノカタナ》全般についてはまた改めて書きたいのですが、とりあえず丸ちゃんの《フトコロノカタナ》を。

唯一《素》になれるのがマンガを読んでいる時。


初めて丸ちゃんのフトコロノカタナ映像を観た時、この言葉を聞いて、とても考えさせられてしまいました。

メイキングさえもメイクしている…と周りに言われる丸ちゃん。
年々それがはっきりしてきている…と自分でも言ってました。
でも、本人的には、それも本当の自分。
だんだん、いつが作ってるのか作ってないのかが分からなくなってきてる。

で、先ほどの太字部分になるわけですね。

丸ちゃんは、人一倍ファンの反応に敏感で(エゴサ王子)、優しいからファンのために、ファンを喜ばせるために…ってことに意識のほとんどを使って生きてるんだろうな…(´-`).。oO

それは、ファンとしては嬉しいことだけど、それによって丸ちゃんが自分でも気づかないうちに、心に疲れを溜めてるとしたら…
申し訳ないです。

実はね、
丸ちゃんが、特にマンガの事を大切の日に書くようになった去年あたりから、私、「どうして?」の疑問をずっと抱えてました。
以前から丸ちゃんがマンガ大好きなのは知ってたけど、そんなに?…って。
会員制の有料サイトとはいえ、すぐに内容は世間に広まるし、そこでこんなにいつもマンガ読んでることを書いて、大丈夫?お仕事に影響しない?…って。

でも、この映像で、マンガが丸ちゃんにとっては今は一番大事なものであり、唯一自分に戻れる場所なんだ…って知って、また、丸ちゃんに申し訳ない気持ちになりました。

マンガを読んでいる時間は、“何にも考えずにいられる”時間。

裏を返せば、それ以外の時間は常に、
〈自分がどう見られているか、アイドルである自分はどう振る舞えばいいのか、まわりを笑顔にするためには何をしよう…〉
そんなことを考えてるってことなのかな?

もちろん丸ちゃんに限らず芸能人はみんな、仕事とプライベートの境も曖昧な世界に生きてるんだと思うけど。
それを承知でその世界にいるんだろうけど。

疲れるだろうな…

丸ちゃんが新幹線の移動時間や、仕事が終わって1人の時間に、誰にも気兼ねせず《素》に戻るための大切なアイテム…マンガ。

悔しいけど、丸ちゃんを癒してあげてね。
(…マンガに嫉妬してどうする( ̄▽ ̄))



サンがシャイン(社員)?(⌒-⌒; )
(@大切な日)

丸ちゃん、何のお仕事してるんだ?(⌒-⌒; )
お外で汗がツツツーって。

ドラマ?…なーんてね(^◇^;)


はい、わたくしも毎日汗ダラダラヽ(´o`;
(お歳頃の汗も含む)

お互い頑張りましょうp(^_^)q


では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように( ´ ▽ ` )ノ



拍手ありがとうございますm(_ _)m
気にかけて頂き嬉しいです(*^^*)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

がむ

Author:がむ
関ジャニ∞大好き。丸ちゃんファン歴8年目の、over50のうさぎミセスです。

関ジャニ∞10周年のエイトの日にブログを開設しました。目標は、20周年のエイトの日に、ここで「おめでとう」と伝えること。

ブログは《自分史》。
毎日、心のほとんどを占めている丸山隆平君の事、関ジャニ∞のことを中心に、日々感じることをあれこれ綴ってます(*^_^*)

コメントもお気軽にどうぞ(^.^)

∞カレンダー∞
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
∞いらっしゃいませ∞
∞カテゴリ∞
∞最新記事∞
∞最新コメント∞
∞月別アーカイブ∞
∞がむの思い出①∞
∞がむの思い出②∞
∞リンク∞
∞ブロとも申請フォーム∞

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR