限度…(・ω・)ノ

自分ごと
04 /09 2017

今朝シューイチを見ていて、思ったことがあったので、ここに書いておくことにしました。

エイトとは関係ないので、適当にスルーしてください(^^;;


中丸君の〈マジっすか!〉のコーナー。
300回記念ということで、中丸君に〈今までの殻を破ってもらおう〉と、バンジージャンプに挑戦をさせたのです。

中丸君は高所恐怖症。
(ずっと前のヨコちゃんを思い出しました)

ギリギリまで行くものの、結局1時間半かかり、最後は辞退。
スタジオでのまとめに
「断る勇気を覚えました」(スタジオ爆笑)
と、見事なオチをつけた、さすがの中丸君でした。

以前から、私はバラエティのやり過ぎ(やらせ過ぎ)が気になっていて、さらに、芸人並みに、アイドルに身体を張らせることがすごく嫌だったので、中丸君が断って、正直ホッとしました。

本人が無理と言うものは、どうしても無理だと思うのです。
これで何か事故でもあったらどうするの?
って、心配性の私はハラハラしました。

年末に、ジャンプくんのバラエティでも、すごく腹立たしいような企画があって、年明け、記事に書きかけたのですが、アップするタイミングを逃しお蔵入りしてました。
でも、関連する事なので、そのことも書いておきます(追記に)。


最近テレビが面白くないという声を、周りでもネットのニュースなどでも聞きます。
あまりテレビを見ない奴に言う資格はないかもしれませんが(^^;;
やたらと身体を張る演出のバラエティとか、常識を越えたドッキリとか。
後味の悪いもの、笑えないもの…
そのようなものを見るために、自分の時間は使いたくありません。

昔はバラエティがもっと面白かったと思います。
そして、気持ち良く笑えたものが沢山あったように思うのですが。

もちろん今も良質のバラエティ、みんなが楽しく笑えるものもたくさんあります。
テレビは、見たくなければ見なければいいものなので、とやかく言う事もないのかもしれませんが…

バラエティの収録などでタレントさんやスタッフさんなど、関係者に事故がない事を願います。













20170123184957c78.jpeg

20170123185000808.jpeg


これは、暮れに放送された、ジャンプくんのバラエティ《いただきハイジャンプ!》のSPの中の一コマです。

場所は中国。
世界一危険な参道を通って祈願に行くという企画。
高木君(青)と有岡君(オレンジ)です。

元々このバラエティは、
「視聴者からの一大事をジャンプが解決する」
がコンセプト。

で、この年末スペシャルでの一大事は
「ある女の子が、初めて好きな人に告白をする。成就するように祈願してほしい」
みたいな依頼だったと思います。

でも、
この映像を見始めた時から、私と娘は笑顔が消え、ヒヤヒヤしながら見守り続けました。
無事にロケは終わったものの、最終的に告白した女の子はフラれ、「また新しい恋を探しま〜すp(^_^)q」がオチ。

スタジオのメンバーも怒り気味?でしたが、テレビの前で見ていた私たちは、もう腹立たしい思いしか残らず、なんとも後味の悪いバラエティを見せられてしまいました。
そんな事(としか思えなかった)のために、アイドル君達は命懸けの過酷なロケをさせられたの?…って。


本人達も本当に辛そうで(演出ではないと思いますよ)。
映像を見ながら、この二人の親御さん、どんな思いで中国に送り出したんだろ…。
もし何か事故があったらどうするの?
安全の保証なんかないじゃない!
…などと、つい親目線で見てしまいました(T ^ T)


「いたジャン」は、深夜の30分バラエティで、関パニのように、メンバーの自由な感じが微笑ましくて、内容も、ホッコリするもの、大笑いできるもの、感動で泣けるもの…など、私も毎回娘と録画を観るのを楽しみにしている番組なだけに残念でした。

何でも限度ってものがあるだろうに…(−_−;)
と、不快な記憶が蘇り、久しぶりにプリプリモードのがむでした。


余談ですが…
これ、帰りはどうしたのかな?
同じ道を引き返したのか、ヘリで救出?したのか(⌒-⌒; )
無事に生還できて良かったです。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

がむ

関ジャニ∞大好き。丸ちゃんファン歴8年目の、over50のうさぎミセスです。

関ジャニ∞10周年のエイトの日にブログを開設しました。目標は、20周年のエイトの日に、ここで「おめでとう」と伝えること。

ブログは《自分史》。
毎日、心のほとんどを占めている丸山隆平君の事、関ジャニ∞のことを中心に、日々感じることをあれこれ綴ってます(*^_^*)

コメントもお気軽にどうぞ(^.^)