あの映画、観て来ました(^。^)

自分ごと
02 /26 2017

201702262108100a6.jpeg


「破門」の時、公開直後を逃すと途端に上映回数が減り慌てたので、その教訓を生かして、どうしても観たかった作品なので、公開翌日の今日、夕方の上映を一人で観てきました(^人^)

娘とオットはお留守番。


まだ公開したばかりなので、細かい内容には触れませんが…


とにかく深くて綺麗で(斗真くんが…とかではなく)、久しぶりに何度も泣きました。
上映中もあちこちで鼻をすする音が聞こえ、
「あ、私だけじゃないんだ(^^;;」
と安心。

エンドロールが始まった途端にあちこちから一斉に鼻をすする音…(^^;;
みんな我慢してたのね(⌒-⌒; )


……と、それくらい深くて素敵な作品でした。

斗真くんが、役者人生の中で一番大変だったという、この役。
見事でした…などという下世話な浅い表現をしては失礼極まりないのですが、細かい内容を話せない以上、こうに言うしかありません(~_~;)


心に深く突き刺さるシーン、
心が苦しくなるシーン、
心がフッと温かくなるシーン…

クスッと笑っちゃうシーン…


全体が静かで、でも、一瞬も見逃せない…と言うか、目が離せなかったです。


「彼らが本気で編むときは、」
……そういう時なのね、

と分かった瞬間から、編むシーンの度に涙が出ました。


斗真くん、
「土竜の唄」からリンコさん(役名)まで…
なんて振り幅の広い役者さんなんでしょう。

大好きな桐谷健太くんも、とっても素敵な演技。

パンフレットに
〈二人にとって、ターニングポイントになる作品〉
と書かれていましたが、本当にそう思います。

斗真くんの代表作になるでしょう。

是非是非、皆様も映画館でご覧になってみてください( ´ ▽ ` )ノ



では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますようにp(^_^)q
おやすみなさい☆彡




拍手ありがとうございますm(_ _)m
気にかけて頂き嬉しいです(*^_^*)










そういえば…

この週末、特にプレミアムフライデーは、ヨコちゃん、ヤスくんの舞台の当落発表だったようですね。
私は今回、共に締切日を勘違いし、エントリーしそびれていたので、全く蚊帳の外でした(^◇^;)

色んな悲喜こもごもがあったようで、お察しいたしますm(_ _)m

私はというと…
今年はドームツアーが夏に控えているので、それも見据えて資金面などをやりくり中(^◇^;)
(去年マクベスで3年分くらい遠征しちゃったから…(⌒-⌒; ))


ご縁があった皆様、楽しんで来てください( ´ ▽ ` )ノ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

がむ

関ジャニ∞大好き。丸ちゃんファン歴8年目の、over50のうさぎミセスです。

関ジャニ∞10周年のエイトの日にブログを開設しました。目標は、20周年のエイトの日に、ここで「おめでとう」と伝えること。

ブログは《自分史》。
毎日、心のほとんどを占めている丸山隆平君の事、関ジャニ∞のことを中心に、日々感じることをあれこれ綴ってます(*^_^*)

コメントもお気軽にどうぞ(^.^)