《おばさん》考

自分ごと
01 /14 2017

改めまして…

本日54歳となりました、がむですm(_ _)m
日付けが変わってから、お友達からいくつもの温かいメッセージを頂き、感謝しています(*^_^*)
ありがとうございますm(_ _)m



大台を過ぎ2・3…までは気にしませんでしたが、4ともなると、どこからどう見ても、どう贔屓目に見ても世間では《おばさん》なんでしょうね(´-`).。oO(

「……なんでしょうね」と他人事のようですが(^^;;

どうも私は自分で自分のことを「おばさん」と名乗ることに抵抗があります(^^;;
ここ(ブログ)では、大好きな丸ちゃんが20も下なので、あえて自分を「おばさん」呼びしていますが、リアルな日常ではほぼありません。

……何故でしょうね(・・?)
おばさんである事を認めたくない悪あがきなのか、単に精神年齢が追いついてないのか。
多分後者でしょう(⌒-⌒; )

この間ネットで

《おばさんって何者?
おばさん予備軍必見『おばさん百科』》

というとタイトルを見つけ、思わず読み入りました。

おばさんの生態とかね(^^;;
・図々しい
・おせっかい
…とか。

〈おせっかい〉に、
あ、私だ…(⌒-⌒; )
と気づき、軽く凹みました。
(今さら?…ですね)

でも、その記事によると、
・おばさんの社交性は色々な場で人に安心感を与えている…
・おばさんとは魅力ある生態を持つ愛すべき生き物…
とも語られていました。

……なるほど(^人^)

そして、
欧米、特にフランスでは、歳を重ねるごとに魅力的になるという考え方があるのに対し、日本は、国民性で仕方ないが《いかに若そうに見えるか》が女性にとっての争点になる。
…のだとか。

確かに…(−_−;)


世間からの見られ方と本人の自覚の狭間で日々揺れ動く女心ですが、誕生日に思うことは…

見た目、身体的なものは仕方ないけれど、せめて内面は〈品〉そして〈知性〉を大切に、ときめきや好奇心を忘れずに日々を過ごしていきたい(*^^*)

…ってことですね。

あ、健康は大前提ですが。


そういえば、数年前に会社の若いお姉さんに言われてすごく嬉しかった言葉がありました。
『私もいつか◯◯さん(本名)みたいなミセスになりたいです』
…なんですが、後半の人生で一番嬉しい言葉でした(*^_^*)
(ミセスらしさをアピールした覚えはないのですが(^◇^;))

ちなみに、前半の人生で一番嬉しかった言葉は…
結婚式や披露宴で写真を撮ってくださったカメラマンの方に言われた
『◯◯さん(本名)は、笑顔があったかい』
という言葉でした。
綺麗、可愛いよりも嬉しかったです(*^_^*)

そんなふうに頂けた宝物の言葉を裏切らない人生にしたいものです。


丸ちゃんのおかげで、この歳でもドキドキ出来ることに感謝(*^^*)
丸ちゃん、これからもずっと好きでいさせてくださいね(*^^*)


今朝のサタプラでの最強の誕生日プレゼント
《画面越し生ジャンケン》ε-(´∀`; )
については、またあらためて…(^^;;




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

がむ

関ジャニ∞大好き。丸ちゃんファン歴8年目の、over50のうさぎミセスです。

関ジャニ∞10周年のエイトの日にブログを開設しました。目標は、20周年のエイトの日に、ここで「おめでとう」と伝えること。

ブログは《自分史》。
毎日、心のほとんどを占めている丸山隆平君の事、関ジャニ∞のことを中心に、日々感じることをあれこれ綴ってます(*^_^*)

コメントもお気軽にどうぞ(^.^)