10年先を考える…

エイトごと
12 /04 2016

日曜朝7時から、フジテレビで放送している《ボクらの時代》というトーク番組が好きで、その時間起きているといつもチェックします(*^^*)

で、面白そうだと観たり録画したりします。

今朝は、途中からでしたが、V6の岡田准一君が出ていたので、録画もしながら観ました。
一緒に出ていたのは、染谷将太くんと、山崎監督。
『海賊とよばれた男』公開絡みでの出演のようでした。

私、『永遠の0』ですっかり〈役者・岡田准一〉のファンになりましてね(^人^)
それ以来V6で歌や踊りを披露していても、なんか不思議な感じがしちゃいます(^◇^;)
あ、本業はジャニーズアイドルだったっけ?…みたいな(⌒-⌒; )


今朝、ちょうどテレビをつけた時に岡田君が語ってたのが、タイトルのお話だったんです。


(ニュアンスとしてですが…)

中国の言葉か何かで、〈10年で一区切り〉みたいのがあると知って、最初の10年はアイドルとして頑張ろうと決め10年経ったので、次の10年は役者として頑張ろうと決めた。
アイドルとしてずっとやっていけるわけはないから、いつもずっと先を考えてる。

そんな感じのことを話してました。

凄いな…って思ったと同時に、この人の魅力はここなんだな…とも思いました。
いつもちゃんと先を考え、自分が人間としてどう生きていきたいか、10年先の自分はどうなっていたいか…
常にイメージして、目標を持ち、そこに向かって努力をする。

今年の冬に二宮君が日本アカデミー賞の主演男優賞を頂いた時、ネットの記事で後輩に向けた岡田君の言葉も見つけ、当時のブログにも載せましたが…

〈ジャニーズだからではなく、その人の力で評価されるようになってほしい〉

その言葉がすごく響きました。


ジャニーズという大きな事務所の中で、タレントはある意味商品だから、自分の思うようには動けないかもしれません。

でも、あらゆる現場で色んなスタッフさん、共演者さんとお仕事をする姿勢から、その人の人間性は伝わるんじゃないかな…とも思います。
(どっから目線?(⌒-⌒; ))

ジャニーズだから…というより、一人の人間として…という形で活躍できるって、素晴らしいことだと思います。
そこには本人の並々ならぬ努力があるはずですけどね。



10年先…

エイトの目指す姿って、どんなだろう?
メンバーそれぞれ、10年先の自分って、どうありたい、どんな場面で活躍したいって思ってるのかな?

それがとっても聞きたくなった日曜の朝でした(´-`).。oO(


忙しい師走の日曜日。
お仕事の方もいらっしゃいますね(・ω・)ノ
みなさんにとって、良い一日でありますように( ´ ▽ ` )ノ





拍手ありがとうございますm(_ _)m

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

がむ

関ジャニ∞大好き。丸ちゃんファン歴8年目の、over50のうさぎミセスです。

関ジャニ∞10周年のエイトの日にブログを開設しました。目標は、20周年のエイトの日に、ここで「おめでとう」と伝えること。

ブログは《自分史》。
毎日、心のほとんどを占めている丸山隆平君の事、関ジャニ∞のことを中心に、日々感じることをあれこれ綴ってます(*^_^*)

コメントもお気軽にどうぞ(^.^)