obrigado☆

自分ごと
09 /19 2016

今朝、リオパラリンピックの閉会式を観ていたら、何度となく出てきたこの言葉。

〈obrigado〉…オブリガード
ポルトガル語の〈ありがとう〉なんですね(*^^*)

すぐさま浮かんだのが
「はにかみオブリガード」@ヨコヒナ(^人^)


暫く聴いてないなぁ(´-`).。oO

どこに入ってるんだ?と思って調べたら、「マイホーム」の通常盤でした。
まるたー的神曲の「二人の花」の次に入ってました(*^^*)

後でゆっくり聴こう(*^^*)



今日は、Mステウルトラフェス(*^^*)
一応全部予約してあるけど(もう録ってるはず)、出るのは夜だよね(^^;;

なんか、歌番組に出るエイトくんを観るのも久しぶりのような…
「罪と夏」で水着のおねーさん達に囲まれてたのは、夏の前でしたからね〜。

歌うのは聞き慣れた楽曲らしいけど、テレビで観られれば、なんでも?いいです(^◇^;)




九州から西日本の方は、台風が近づき大変そうですが、どうぞお気をつけて(・ω・)ノ






拍手有難うございますm(_ _)m
更新の励みです(*^_^*)










今朝、何気なくテレビをつけたら、リオの閉会式をやってたので、ずっと観てました。

オリンピックの陰で、テレビでの中継や話題的にも目立たないイメージのパラリンピック。
閉会式の中で、色々な競技の映像が流れてましたが、どの選手も本当に凄くてびっくりしました。
車イス、義足、視覚障害、知的障害…
様々なハンデを抱えてるけど、皆さんすごくカッコいいアスリート。

番組のゲストでかざぽん(風間俊介くん)がコメントしていた言葉が印象的でした。

…日本は、段差をなくすとか、エレベーターのボタンを低くするとか、設備は整っているけれど、本当のバリアフリーは、心のバリアフリーだと思う。…

そんな感じのことを話されてました。

それを受けて、アナウンサーさんかな?が、

ブラジルは、心のバリアフリーが行き届いてる。
街の人にそれは何故かと尋ねたら、
「設備を整えることは難しい(経済的に?)から、みんな自然に困っている人には手を差し伸べる。」(そんなニュアンスの言葉)
って言葉が返ってきた。

…って話をされてました。


日本は確かにハード面では、どんどんバリアフリー化が進んでるし、4年後に向けて、もっと整備されるんだと思う。
でも、人々の心はどうだろう…

今の日本って、目に見える障害、見た目にはわからない障害を持ってる方々が暮らしやすいんだろうか?
それどころか、障害のない人々にとっても、今の日本って、暮らしやすいんだろうか?

ふとそんなことも考えてしまいました。


4年後、世界から沢山の人達が東京に来ます。
東京だけではなく、日本のあちこちに外国の方達が訪れるその時、日本人として、どんな〈おもてなし〉が出来るんだろう?

バリアフリーは、お金をかければできるかもしれない。
でも、心のバリアフリーは、お金はかからなくても、一夜漬けでできるものじゃない。


パラリンピック閉会式を見た後、民放にチャンネルを変えたら、相変わらず「盛り土」「盛り土」言ってる映像が目に飛び込んできて、なんとも言えない気分になりました(~_~;)


しっかりしてくれよ、首都東京…(-。-;


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

がむ

関ジャニ∞大好き。丸ちゃんファン歴8年目の、over50のうさぎミセスです。

関ジャニ∞10周年のエイトの日にブログを開設しました。目標は、20周年のエイトの日に、ここで「おめでとう」と伝えること。

ブログは《自分史》。
毎日、心のほとんどを占めている丸山隆平君の事、関ジャニ∞のことを中心に、日々感じることをあれこれ綴ってます(*^_^*)

コメントもお気軽にどうぞ(^.^)