FC2ブログ
人に喜んでもらえることを一日ひとつ。それだけで心豊かに。(丸山隆平君レンジャーより)

僕が笑えば、君が笑うから。

昨日のクロニクルを先ほど観ました(^^)

岸井ゆきのちゃん、加藤諒くんがゲストの〈もひとりおるおる〉。

岸井ゆきのちゃんって、こんな面白い子なんだ(=^▽^)σ
考えること、言うこと、やる事が、なんか可笑しくて可愛い(≧∀≦)

『モンクリ』でたっちょんと共演しただけで、ほかのメンバーは初めましてだったけど、すごく感じの良い子で、場が和んでました(*^ω^*)
映画が大好きのようで、映画の話、映画館の話になったら楽しそうに盛り上がってました(^^)

『アベンジャーズ』の登場シーン再現?に、すかさず参加する丸ちゃん(優しいなぁ(#^.^#))
亮ちゃんに「マルがすごく良いお兄ちゃんになってる」って言われてたけど、兄妹で遊んでる感に溢れたシーンでほっこりしました(o^^o)

………………………………

今回出席のヤスくんもたっちょんも、丸ちゃんも亮ちゃんも、みんないっぱい笑ってて、その笑顔を見てるこちらも自然に笑顔になりました(⌒▽⌒)

スタッフさんの笑い声も随所で聞こえ、久しぶり?に終始笑ったクロニクルでした。

なんだろ?
ゲストが岸井ゆきのちゃん、加藤諒君と、自分たちよりも若い子達だから、メンバーも気楽に楽しめたのかな?

まさに、『ワッハッハー』なクロニクル(^。^)

こんなに楽しそうにワチャワチャしてる人達だもの、大丈夫!…って、はっきり思えました。
(根拠はないけど(^^;;)

………………………………

さて、
明日明後日と、次女と2人で長女の所にお出かけします(^^)
会うのは結婚式以来。
1月に来る予定だったのが、長女が直前にインフルにかかりドタキャン(^^;;
やっと会えます(^^)

LINEや電話でお喋りしたり画像を送りあってはいても、やっぱり直接会えるのは嬉しいです(^^)
次女も、春休みの今を逃したらもう忙しくなり、私と一緒に出かけることもなくなってしまうので、それも含めて楽しみです(^^)

明日は雨のようなので、富士山は見えないかもしれないけど、至近距離の場所(御殿場)に行くわけなので、少しでも霊峰を拝し、パワーをもらってきたいものです。

良い写真が撮れたらアップしま〜す( ´ ▽ ` )/

………………………………

今日は久しぶりにじっくりゆっくりブログに向き合えました。
(書きすぎ( ̄∇ ̄))


では、おやすみなさい☆彡

お立ち寄り頂き有難うございました。
拍手も有難うございます。
更新の励みです(*^_^*)



ため息ばかりついてるくらいなら…

こんなに毎日ため息ばかりついてるくらいなら、今、胸の内にある言葉を吐き出してしまおう。
…そう決めました。

恨みつらみ(苦笑)、落胆、悲しみ、虚しさ、そして希望。

この数日で胸の中に溜まった澱。いつまで待てばスッキリするのかわからないまま過ごす時間は、あまりにも残酷です。
生殺しです。

なので、吐き出すことにしました。

不快に思う方、腹立たしく思う方もいらっしゃるかもしれません。ごめんなさい。

いずれなんらかの結論が示され、信じて待って良かったと思えることを期待してますが。
「やっぱガセじゃん!」ってブイブイ文句を言える時が来ることを信じてますが。

信じても報われないことを経験したばかり。
ネガティブになっても仕方ないと…思いません?(^^;;

………………………………

亮ちゃんが脱退・退所するって報道。

これまでも芸能界のニュースには、火のない所に煙は立たないだろう…と思ってきました。
ってことは、何かはあるのだろうと考えざるを得ません。

ヨコとたっちょんの後輩プロデュース、信ちゃんの《もしも塾》。
そして、新曲が出たというのに、メディア(特にMステ)に出ない現状。
15周年なのに、何もお知らせが出ないこと。
丸ちゃんのwebの気になる言葉。

そんな条件が揃っているところにこの報道です。

ファンはネガティブな発言してはいけないのかもしれません。
「信じてるから!」と、ひたすら信者になっていなければいけないのかもしれません。
でも、たった1年前、その信じる気持ちは見事に打ち砕かれたわけで。

あの時、信じても報われない現実を突きつけられたファンは、示された結論に対し、〈飲み込む〉か〈受け付けない〉かの2択を自分の意思で選び、どっちに転んでも苦しさ悲しさを舐めて時間を過ごして来ました。

本来、希望や夢や励ましや支えを求めたい相手に、自分の気持ちを擦り合わせ、必死で前を向こうとして、なんとか向ける自信がついた矢先のこの報道。

今回もファンはひたすら待つことしかできないのです。
亮ちゃんのドラマが終わったら何かあるだろう…と、不確かな基準を無理に設置して、それまでは自分の胸に納めて耐えよう…、そうやって数日過ごした私でしたが、タイトルのように、出るのはため息ばかり。

………………………………

あの報道(グループ内のあれこれ)が本当なら、グループは終わった方がいいと、私は思います。
グループ(看板)に固執してボロボロになっていく現実が上書きされるくらいなら、綺麗なうちに、楽しい思い出として大切に残したい、思い出した時にいつでも笑えるような、そんな記憶のままで置いておきたい…。そう思ってしまいます。

ネットでは、5人になった時のバンド構成までご丁寧に書いたものもありました。(大きなお世話(怒))
形としては成り立っても、心が伴わなければ受け入れられません。
長年見てきたファンを舐めてもらっちゃ困ります。

………………………………

あの報道が本当で、「5人になっても《関ジャニ∞》を応援して」なんて丸ちゃんに言われたら、

……、本気で悩む。

丸ちゃんがいるなら応援はするけど…、最高に楽しかった時を知ってしまってるから辛いだけかも。

丸ちゃんが、それも承知でグループであることに拘り続けるとしたら、今度は痛々しくて見てられない。
楽しませようとすればするほど悲しくなっちゃうよ。

丸ちゃんは、『CUT』で、
僕は関ジャニ∞っていう形があれば満足なんです。そこに僕は生かされてると思うから。関ジャニ∞がなくなることになったら、僕はこだわるかもしれないです。…なぜなくならなきゃいけないのか考えるけど、どんな形でもあってくれればいいです…
って語ってる。
今もその気持ちは変わらないのかな?

ヨコは、
6人一緒の考えにはならへんし、ぶつかる。でも、それでいいと思うし、…別に仲良しこよしが正解じゃないですしね。僕らにとって明るい未来になるよう、やっていかなきゃなとは思ってます。
…って。

信ちゃんは、
『これからの関ジャニ∞をどうしたいですか?』って訊かれても、自分ひとりの意見で何かを動かすには、関わる人が多くなりすぎたなっていう気もしてます。…自分らのものであって自分らのものでないような…。柔軟性を持ちながら、そのときグループにとってプラスになるものを吸収していければより還元できるんじゃないかと…
…ですって。

ちなみに亮ちゃんは、
2018年は、いままでないくらい、よぉ会議してましたね。よく考えた年でした
…ですって。

………………………………

今、あの事務所は急激に変わろうとしている気がします。
そして、世代交代に躍起になってるとも思います。
仕方ないことですけど。

それについていけないファンは、どうぞ勝手に退散してください…ってことなのかな。
若手、そしてJr.くん達の大躍進は眩しいですが、私は申し訳ないですが積極的に応援する気にはなれません。
(こんなおばちゃんが応援しなくても、若い皆様のパワフルな応援がありますからね( ̄∇ ̄))

………………………………

ふ〜(*´Д`*).。oO

これだけ吐き出したらだいぶラクになりましたが…(^^;;

何十万のファンが不安になっているのを知ってても、自分たちの口からは今は何も発信できない現実が、きっとあるのでしょう。
通常通りのレンジャーや大切な日に、つい腹を立てたくなりますが、これまでの彼らを信じているので、彼らも今辛いんだと思ってます。(信じてます)

やはり何か動きがあるとしたら、亮ちゃんのドラマ終了後でしょうかね。3/19以降?
何事も無かったように、15周年のライブが発表になるとかね(*^_^*)
それならそれで安心だし。
(やっぱガセじゃん!…とブイブイ言えばいいだけ( ̄∇ ̄))

それまでは、余計な事を考えないように毎日を過ごしたいと思います。

………………………………

♪この大空に翼を広げ、飛んで行きたいよ〜、
悲しみのない自由な空へ、翼はためかせ、行きたい〜♪


丸ちゃん、いい春物が買えましたか?(^_^*)
マネージャーさん、いいなぁ(´∀`=)
お食事をご一緒したお友達さんも、いいなぁ(´∀`=)


では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)

お立ち寄り頂き有難うございました。
拍手も有難うございます。
更新の励みです(*^_^*)





年に一度の真面目なラジオ。

ここ数日の〈生殺し〉状態に苛つく中、何か些細な動きでも読み取れたら(聞き取れたら)と望みを抱き、《大倉君と高橋君》をタイムフリーで聞きました。

ま、当然だけど、グループのことでどうとか…はなく(^^;;

ただ、その代わり…といってはアレだけど、東日本大震災から明日で8年ということで、内容は、震災に絡めた色々な真面目なお話。
私はこの番組、いつも聞いてるわけではないので(ゴメン)知らなかったけど、毎年この時期の放送は必ず震災をテーマにして、一年に一回真面目な放送をしているそうですね。
お二人の気持ちと、それを汲むスタッフさんの想いに胸が打たれます。

………………………………

あの震災に関しては、北関東住みの私もとても怖い思いをしたり、その後の不便さを体験したので忘れられないですが、震災後のレンジャーでのメンバーの発信や、丸ちゃんの《大切な日》の空の写真など、好きなタレントさんに励まされ支えられたことは決して忘れません。

たっちょんもライブの挨拶(十祭)で、
「震災後テレビに救われた、テレビの力ってすごい、その仕事をさせて頂いてるってすごいんだと実感した」
…って語ってましたね。
そして、
「7人(当時)が笑って、それを見て笑ってくれるのが『関ジャニ∞力(リョク)』なのかな…」
…とも。

………………………………

昨日のラジオでも、そんな感じのことを話してた気がします。

自分たちの置かれてる立場をよくわかっていて、自分たちの役割を常に考え、素直な言葉で解りやすく、みんなにこうして(ラジオを通して)発信してくれるたっちょんは素敵です。

普通、みんなは酔っ払った時に真面目な話をしたがるけど、真面目な話はシラフの時にしないと…、と力説するたっちょん(笑)
おっしゃる通り!
きっと、みんな照れくさいから酔いに任せて真面目な話に熱弁を振るうんでしょうね。
逆に言えば、酒の力を借りなくても堂々と真面目な話の出来る人は、強い人なんだ思います。

たっちょんは、そんな芯の強さを持ってる人なんですよ(*^_^*)
だから、グループを俯瞰で見られたり、一番歳下なのに冷静に見渡せる。大したもんです(^_^)v

………………………………

ラジオ、全部は聞ききれてないので、最後の方で何か言ってたかもしれないけど、すばるくんの時も、たっちょんの素直な言葉に共感し、励まされたエイターさんはいっぱいいたはずだから、今後も要観察です(笑)。

たっちょんも映画の撮影で忙しそうね(⌒-⌒; )
メンバーが揃って何かをって、そんな時間もないのが現実なのかな(*´ω`*)



お立ち寄り頂き有難うございました。
拍手も有難うございます。
更新の励みです(*^_^*)




Copyright © オレンジ色のひとりごと. all rights reserved.

カスタマイズ: