FC2ブログ
人に喜んでもらえることを一日ひとつ。それだけで心豊かに。(丸山隆平君レンジャーより)

「安田章大を生きる」を読んで。

ヤスくんファンのお友達のブログを拝見してからずっと気になっていたので、『TVガイドperson』を買いました。
ここのところヤスくん表紙の雑誌が沢山出てましたが、このタイトルと、表紙のインパクト(フワフワとイカツイの同居( ̄∇ ̄))から目が離せなくて。



20181219093806ab1.jpeg

・・・・・・・・・・

今度の舞台のこと、今年を振り返ってのことなど、ヤスくんらしく丁寧に一生懸命語っている様子が目に浮かびました。
特に〈結婚について〉は、よく正直に話したな…と、ちょっと驚きました。

「もし今の状況で結婚します…と発表したとして、無理やわ〜思う方がいたとしても仕方ない。今僕は、何より家族が喜ぶことを優先したい…」「自分らしく素直に生きながら、それを喜んでくれる人と歩みたい」

そう言い切るヤスくん。
去年の手術、そして今年の怪我やすばるくんのこと…。
それらを経て辿り着いた今のヤスくんの正直な想いに、涙が出ました。

前回の同誌のインタビューで同じ事を聞かれた時(手術から間もない時)は、
「自分が結婚することで誰かが悲しむなら、まだしなくていい…」
って答えてたとか。

* * * * *

これを読んでから、色々な事を考え始めてしまいました。

アイドルって何だろう?…とか、でもアイドルだって自分らしく生きる権利はあるよね…とか。
他のアーティストとアイドルの違いって、なんなんだろう?…とか。

ヤスくんが〈人生〉を悔いなく生きたいと強く思うのは、病気の事もあるけど、やっぱりすばるくんの生き様を真近に見てきたからなんだろうな…と。

アイドル事務所のタレントだから、ファンに夢を与え、ファンに、束の間でも日常を忘れて楽しい時間を過ごしてもらうことが、第1の使命なのかもしれません。
でも、その人を深く愛するファンにとっては、その人の人生も一緒に背負っているような感覚なわけで。
ファンである自分だけが楽しくて、大好きな人が無理してる…と分かったら、ファンはとても辛い。
他グループの活動休止メンバーのことを思うとなおさら。

・・・・・・・・・・

私はここまで言い切ったヤスくんを、改めて好きになりました。
そして、《ボク。》で語っている沢山の言葉をようやく飲み込めた気がしました。
風貌が以前とはだいぶ変わっている、今のヤスくんにも納得出来ました。
(ちょ〜っとイカツ過ぎな気もするけど(⌒-⌒; ))
ヤスくんが、これからもずっと自分らしく生きられるよう願ってます(*´ー`*)

* * * * *

翻って、丸ちゃん。

まさに《アイドルを貫徹》する人。
ファン(妻)としては嬉しい限りですが、つい「無理してませんか?」と心配になってしまいます(*´-`)

自分の人生を考え、別の道を歩み始めたすばるくんや、理解されなくても自分らしく生きることを表明?したヤスくん。そんな仲間を真近に見続けて来た丸ちゃん。
真近で見てきたから余計に、「自分はアイドルに徹する」覚悟なのかな?(エイターを不安にさせないために)

たまに丸ちゃんが書く言葉の闇に(苦笑)、丸ちゃんの底なし沼を感じ、ちょっとだけ心配もしてしまうなのです。

・・・・・・・・・・

あ、もちろん今は、新しい現場の刺激を受けたり、様々な嬉しい出会いがあったりと充実してる様子の丸ちゃんなので、心配はしてませんが(^^;;

でも、丸ちゃんには、
「どんな生き方の丸ちゃんも、ファンは受け止める覚悟は出来てるからねp(^_^)q」
と伝えたいな(*´ー`*)

・・・・・・・・・・

丸ちゃん、いきなりこんな事書いちゃってごめんね(^^;;

私の人生の〈ご褒美〉はあなたに出会えたことですよ(*´ー`*)



お立ち寄り頂き有難うございましたm(_ _)m



関連記事
スポンサーサイト



Copyright © オレンジ色のひとりごと. all rights reserved.

カスタマイズ: