FC2ブログ
人に喜んでもらえることを一日ひとつ。それだけで心豊かに。(丸山隆平君レンジャーより)

溢れる想いは無限大。(@ボク。)

お友達が、ヤスくんの〈ボク。〉が更新されている事を教えてくれました。
(有難うございましたm(_ _)m)

・・・・・・・・・・

名古屋から数週間経っているので、今の体調報告かな?って、軽い気持ちで開いたら…。

ずーーーーーっと続く文章にびっくりΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

体調の報告からMV撮影の時の様子。
このツアー前の色々な事情。
遡って去年の自分の事。
そして、
大切な、大好きなすばるくんへの想い。
これからの決意。
エイターへの想い。

自分達を応援してくれるファンに対して、絶対嘘はつきたくない…っていうヤスくんらしい、正直な素直な言葉が、ずーーーーっと綴られてました。

・・・・・・・・・・

こんなに正直に書いてしまったら、逆に心配になるのに…って思うくらい正直なヤスくん。
勇気を出して伝えてくれてありがとう(*´-`)

そして、去年の手術以降、メンバーだけで共有してきた不安な想いや苦しみを思うと、今さらだけど切なくなります。

何も知らない私たちファン、好き勝手な事言って盛り上がったり不満をちらつかせちゃったり。

知らなかったんだから、「ごめんね」でもないんだけどさ。

* * * * *

すばるくんのこと、ヤスくんのこと。
エイトとエイターで共有しているこの感情は、もはや〈アイドルとファン〉ではなく〈人と人〉の関係ですよね。
ヤスくんがしきりに言ってたように。

だからかな…。
最近、テレビで他のジャニーズタレントを見ても、なんの感情も起きません。
今までだったら、「若いけど頑張ってるなぁ」とか「いつかエイトもこんなふうに…」とか、楽しく眺めていましたが、今は全然。
24時間テレビも全く興味なし。(ごめんなさい)

っていうか、
今はジャニーズタレントに限らず、何を見ても先ず「永遠に変わらないものなんてないんだから」ってネガティブな気持ちがチラつきます。
正直、重いな…って感じる時もあります。
人と人…とはいっても、所詮芸能人とファンの関係。
私って、ずっとファンを続けている自分に酔いしれてる、イタイ奴なのかな?とか。
お金を使って、なんでこんなに重い気持ちを味わわなきゃいけないんだろ…って。
エンターテイメントって、楽しみにお金を使うことじゃないかしら?って。

だったら辞めればいいのにね。
辞めたら重い気持ちからも解放されるかしら?

……、

でも、うん、やっぱり…、
エイターは辞めない。辞められない。

エイターを周りに公言してるからじゃない。
ファンブログを書いてるからでもない。

関ジャニ∞の一人一人が、特に丸ちゃんが、やっぱり人として好きだから。
ただそれだけ…です。
その人達のプライベートや本当の姿は分からないけど、好きだから信じてるし。

・・・・・・・・・・

まだこの目で6人のステージを見てないから、余計に気持ちが燻ってるんだと思います。
早くこの目でリスタートを見届けたいです(*´-`)


では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)


お立ち寄り頂き有難うございましたm(_ _)m
拍手も有難うございます。
更新の励みです(*^_^*)

にほんブログ村 芸能ブログ 関ジャニ∞へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト




フェス。

昨日見たネットの記事で、NEWSさんが今年初めてテレ朝のドリフェスに出演する事を知りました。

エイトより1年早いデビューだから、今年は15周年なんですね。
おめでとうございます(^_^)

味スタ公演もつい最近行われてましたね。

やっぱりアニバーサリーイヤーは活動もスペシャルですね(*^_^*)
スペシャルな活動ができるのも応援するファンのおかげ。それをお忘れなく(*・ω・)ノ

* * * * *

「フェス」の文字を見ると、つい色々思い出してしまいます(*´-`)

ここ数年でエイトがいくつかのフェスに出させてもらったことで、それまで馴染みがなかった〈音楽フェス〉が随分身近に思えるようになりました。
ま、エイト出演の映像しか観てませんが、その独特の熱気と、純粋に音楽を楽しむ空気は素敵な景色でした。

ドリフェスは初めてすばるくんが1人で出演し、その後エイトとして出演しましたね。
そして去年のメトロックと、エイトはフェス常連になりつつありました。
音楽のみで勝負する〈フェス〉は、すばるくんがいたからこそ開けることのできた扉だったと思います。

今後エイトが、またフェスに出られる時…、来るのかな?(*´-`)

* * * * *

それから…。

この間HDDの整理をするため、去年放送の音楽特番の編集していたら、TOKIOさんが「宙船」を歌ってるシーンがありました。

松兄ぃのイカツクもカッコいいドラム、普段の優しい表情が一変しミュージシャンの顔になる太一くんやリーダー。
大きな身体を少し前かがみにして、ギターを弾きながら歌い上げる長瀬くんの張りのある歌声。
そして、軽やかなベースさばきの山口くん。

・・・・・・・・・・

ジャニーズで初めてフェスに出演したのがTOKIOさんでしたよね。
(記憶違いかな?)

TOKIOさんの歌、好きなのにな。
ベースがなくなったらTOKIOの音楽は成り立たない…。
そう言って音楽を封印してしまったけれど…。
TOKIOさんが音楽に戻れる日、いつか来るといいな…って、映像を見てしみじみ思いました。


mさん、拍手コメント有難うございました。
追記へどうぞ(^_^)/


お立ち寄り頂き有難うございましたm(_ _)m


にほんブログ村 芸能ブログ 関ジャニ∞へ
にほんブログ村

つづきを表示
関連記事

終戦の日。
今日の朝焼けです。



とっても早い時間に目が覚めてしまい、ふと外を見たらこんな空でした。

* * * * *

今日は終戦の日。

上の朝焼けの写真は、人によっては空襲を受けて燃える地上から上る炎にも見えてしまうかもしれませんね。


・・・・・・・・・・

夏のクールで毎週観ている「この世界の片隅に」。
この作品は、戦時中の日常を淡々と描いています。

8/6にNHkで放送したドラマ「夕凪の街桜の国」は、「この世界の片隅に」の作者・こうの史代さんの作品で、原爆から10年後の昭和30年の広島が舞台。
被爆したことを胸にしまい、淡々と日常を生きている女性が原爆症で亡くなっていくお話。

・・・・・・・・・・

戦後73年が経ち、戦争体験者・被爆者が減っていく中で、戦争というものが、だんだんリアリティを失いつつあるそうです。

なので最近は、戦時中でも楽しい事や笑う事など、現代と変わらない日常があったと伝えることで、現代の人達にも分かりやすく、〈戦争はそんな日常を壊してしまうもの〉なのだと伝えようとしているとか。

・・・・・・・・・・

戦時中ではあっても、この世界の片隅には、大勢の人達がそれぞれの日常を過ごしていたはず。
夫婦ゲンカや兄弟ゲンカ、恋愛、などなど。

それを今に置き換えてみる…。

自由が制限されて、好きな音楽も聞けず、好きなアーティストのライブなど娯楽がなくなり、大切な人がいつ死ぬか分からない日常。見聞きする情報も、何が本当か分からない毎日。耐えられるんだろうか。

・・・・・・・・・・

8月15日。
日本が戦争をやめてから73年。
地震、自然災害、異常気象など、直面する困難は後を絶たないけれど、人と人が殺しあう戦争は起こってない。
この貴重な事実の意味を、年に一度確認し考えるのが〈終戦の日〉なのだと、私は思います。


DVDが出てたので、最近買いました(^_^)

20180815112724afb.jpeg


お立ち寄り頂き有難うございましたm(_ _)m


関連記事
Copyright © オレンジ色のひとりごと. all rights reserved.

カスタマイズ: