FC2ブログ
人に喜んでもらえることを一日ひとつ。それだけで心豊かに。(丸山隆平君レンジャーより)
2018年04月24日 (火) | Edit |

久しぶりに《大倉シル》が登場したともちきりのペコジャニは、まだ観られてないのですが(>人<;)

日曜日の関ジャム、昨日録画を観ました。

本編はザッと。
セッションはちゃんと(^◇^;)

亮ちゃん、ヤスくんがメインのセッション。
2人とも気合が入ってたなぁ。

ここのところ、目に入るのはスーツで並ぶ6人ばかりだったから、ヤスくんの姿を見るの、久しぶりな気がしました。

この2人がメインの画面を見ていたら、ふと今後のバンドスタイルをシミュレーションしてしまいました(*´-`)

ま、こういうことになるわけですよね。

…(´・ω・`)

いずれは慣れていかないと。

* * * * *

で、
やっぱり気になるその後のヤスくん。

元気になったのかな?
入院…なんて話も聞いたけど、退院したの?
動けるの?

〈ボク。〉の最後の更新日は9日。

あの会見で「安田は月曜日に自宅で転倒、背中を強打」って言ってたような。
ってことは、更新した後お部屋でコケたの?

ヤスくん、色々〈ボク。〉に綴りたいみたいだから、元気になってたら何か発信しそうだけどね。
姿が見えないと、ついあれこれ想像したり、不安になったりしちゃうのです。

木曜日のレンジャーを待つとしましょうか。

* * * * *

ほんと、舞台は生き物ですね、丸ちゃん。(@大切な日)


舞台って、〈もっとも原始的な芸術〉だと私は思います。

映像機器も音楽の録音機器も何もない時代から〈舞台〉はありました。
400年も前からシェイクスピアが舞台で上演されたように。
生身の人間がその場で、自身の身体全体を使って物語を表現し、音響も生の演奏のみ。
観客はそれを至近距離(じゃない場合もあるけど)で、その場で見聞きする。

〈舞台〉は、その時にだけ味わえる世界。
同じものは2つとない、究極の一期一会。

時を下り、CGだのVFXだのを駆使した映像もたくさんあるのが現代。
でも、舞台という芸術ジャンルは廃れることはありません。
それはきっと、時代は違っても人間はみんな〈感性〉を持ってるから。
ちょっとの間日常を離れて、目の前で繰り広げられる物語の世界に浸り、自分の感じるまま泣いたり笑ったり…。
そんな、感性を刺激する一期一会を味わいたくて、昔も今も、人は〈舞台〉に足を運ぶのでしょう(*´ー`*)

…な〜んてね。
おっと、語り過ぎました(⌒-⌒; )

丸ちゃんが〈舞台〉の魅力に取り憑かれてくれたのが、舞台好きのワタシとしては非常に嬉しいです(´∀`*)


では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(^。^)
おやすみなさい☆彡

Sさん、拍手コメント有難うございました。
追記へどうぞ(^-^)/


お立ち寄り頂き有難うございました。
拍手も有難うございます。
更新の励みです(*^_^*)

にほんブログ村 芸能ブログ 関ジャニ∞へ
にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
にほんブログ村


[READ MORE...]
関連記事
スポンサーサイト