FC2ブログ
人に喜んでもらえることを一日ひとつ。それだけで心豊かに。(丸山隆平君レンジャーより)

サタプラ後半を観ました(*^^*)

途中になっていた昨日のサタプラ。
今日の午後やっと最後まで観られました(^。^)

《ふるさと創生基金》、ありましたねぇ。
その頃っていうと、独身最後の頃。
自分の事や目先の事に夢中で、世の中の事にはあまり興味のない、しょーもない若者でした(^◇^;)
なので、自分の住んでいる自治体が何をしてたのか、覚えてません(^◇^;)
日本中の各自治体に1億だなんて…、なんとバブリーな時代Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


・◯✖️旅は、丸ちゃんの故郷、京都(*^^*)
丸ちゃんも知らなかったという、日本史の裏話。
歴史好きな私にはたまりません(*≧∀≦*)
また京都に行きたいなぁ(*´∇`*)

・最後の丸山画伯の絵。
今回は、なかなかのインパクトの超大作でしたね( ̄∀ ̄)
それにしても、丸ちゃんの絵のクオリティがどんどん上がってますね(*^ω^*)
今まで描く必要がなかっただけで、実は才能があるんじゃない?(*^ω^*)

丸ちゃんは写真も上手だから、構図を考えるのも上手(*^_^*)
サタプラのサイトに載せてくれないかしら(*^ω^*)

* * * * *

さーて、
またジャムコン観よっかな(*´∀`)♪
(やっぱり本編ばかり観ちゃう(*^ω^*))



では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)



お立ち寄り頂きありがとうございました。
拍手も有難うございます。
更新の励みです(*^_^*)



関連記事
スポンサーサイト




サンデープラス( ̄∀ ̄)

昨日観られなかったサタプラ。
今朝、途中まで観ました(^。^)
なので《サンデープラス》(^◇^;)
先週フワァ〜っとした感じが気になったけど、昨日はシャキシャキと「元気印ぃ〜(≧∀≦)」でしたね。
良き良き(*^ω^*)

オープニングの丸ちゃん( ̄∀ ̄)
放送が進んで、ジャムコンDVD発売関連で同じ姿が流れてオチ。

ファンは解るけど、一般視聴者さんは
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
だったでしょうね(^◇^;)

が失礼いたしましたm(_ _)m

* * * * *

・花粉症のお話。

この間丸ちゃんが〈大切な日〉で投げかけた言葉は、そういう事だったのね(^。^)
ポイントは免疫力ねd(^_^o)
これは全てに言えることですね。
はい、免疫力アップに心がけます٩( 'ω' )و


・R-1グランプリになった濱田祐太郎さん。

ちょうど昨日ネットの記事で知って驚きましたが、素敵なことだと思いました。
『抱きしめたい』の映画の中でも、障害のある方達が自身の障害をネタにして笑わせようとして、みんながリアクションに困るシーンがありましたが(^◇^;)
昨日初めて濱田さんのネタを観ましたが、普通に笑っちゃっていいんだな…と思いました。
それが心のバリアフリーなんだろうと。

余談ですが…
私は結婚した頃から、地元で視覚障害者に関わるボランティア(音訳)サークルで、細々と活動を続けていますが、年に1度の交流会でテープ広報の利用者さん達とお会いすると、みんな本当に明るくて活発で物知りで…。
驚くと共に刺激を受けます。
普通にどこにでも出かけるし(野球観戦が好きな方もいる)、お料理(揚げ物もしちゃう)もするし。
そして皆さんよく笑います。
その裏にある苦労を悲観しても仕方ない、だったら笑って生きよう…、そんな方達から逆に元気をもらいます。

ただ、サタプラの中でも映ってたように、やはり誘導などのサポートは必要。
ホームからの転落など、周りのちょっとした気付きで防げるものも多いと思うので、今回の濱田さんのニュースが、心のバリアフリーの浸透に繋がったらいいな…と思いました。
(ちょうど今、パラリンピックもやってるしねd(^_^o))

ついでに…
「ボランティア」を表す手話は、〈寄り添って共に歩く〉ような表現です。素敵だな…と思います。

…話がだいぶ逸れました(^◇^;)


えっと…
あ、サタプラ、観られたのは、ニュースプレイバックのはじめ辺りまで。
画伯の絵、どんなだったのかな?

* * * * *

舞台の稽古も順調の様子(*^ω^*)(@大切な日)
初日まで1ヶ月切ってますもんね。
西田組の皆さんが、怪我や病気せずに元気に初日を迎えられますようにp(^_^)q


Sさん、拍手コメントありがとうございました。
追記へどうぞ(^_^)/



お立ち寄り頂きありがとうございました。


つづきを表示
関連記事

7年目の今日、思うこと。

20180311025030187.jpeg

何気なく開いたYahoo!のトップページ。
素敵な企画です。
初めて知ったけど毎年やってたのかな?

* * * * *

今日は、東日本大震災から7年目。
今年はちょうど日曜日。
落ち着いて祈りを運べます。

今朝のトーク番組《ボクらの時代》は、サンドウィッチマンと糸井重里さんで、震災から7年の想いを語っていました。

あの日、仕事で気仙沼にいて被災したサンドウィッチマンの2人は、震災以降は、「今度会おうね」「いつか会おうね」を、口約束ではなく必ず会うようになったとか。
〈今度〉〈いつか〉は来ないかもしれない…、それを震災で実感したそうです。

被災地への支援を形にし続けている糸井さんは、震災以降しばらくは危機感があったけど、今は危機意識がだいぶ薄れてしまったと正直に話されてました。
その感覚は被災地以外の多くの人も同じだろうと。

確かに私もそうです。
あの時体感した大きな揺れの記憶や、テレビ画面の端にいつも出ていた、被災者に向けた連絡事項(色々な事務手続きなどの案内)の記憶など…。
ふと思い出すことはあっても、自分の周りが日常に戻ると緊迫感は薄れています。

番組で3人も言ってましたが…、
だから、せめて今日はあの日を思い出し、沢山の犠牲者の方達のご冥福をお祈りすると共に、今も復興途中で辛い思いをされている方々が、少しでも前に進めますように…と、祈りを運び、自分に何が出来るかを考える日にしようと思います。

番組で、『復興のゴールはいつなんだろう?』と話す3人。
復興は地域でかなりバラつきがあるのだとか。
同じ宮城県内でもそうだし、宮城・岩手に比べると福島は原発の関係でまだまだ。『自分たちが絶えた後のことだろう』『何十年経ってもまだ復興途中だろう』『ゴールのないマラソンをしているようだ』『その中で自分たちは給水所…』
…そんな話をされてました。
目に見えるものの復興は進んでも、被災した方々の悲しい記憶・怖かった記憶が消えることはないのだと思います。

確か2:46には各地でサイレンが鳴り、「黙祷を捧げましょう」の屋外アナウンスがあるはず。
サンドウィッチマンのお2人は、あのサイレンと震災の時の「避難してください」のサイレンがよく似ていて、恐怖を思い出すそうです。


7年前の今日、都内で雑誌の取材中に地震に遭った丸ちゃん。
スタッフにも気遣った丸ちゃんの、人としての強さと優しさを、今年もまた思い出しています。

* * * * *

例年になく寒さが厳しかった今年の冬。
でも、冬が終われば必ず春が訪れます。
被災地に、今年も綺麗な桜が咲きますように(*´-`)



Sさん、拍手コメントありがとうございました。
次の記事でお返事いたしますねm(_ _)m
関連記事
Copyright © オレンジ色のひとりごと. all rights reserved.

カスタマイズ: