FC2ブログ
人に喜んでもらえることを一日ひとつ。それだけで心豊かに。(丸山隆平君レンジャーより)

エイターって素敵(*´-`)

◉ネタバレはありません。



いよいよ明日は、私のジャムコン見納め。

一昨日から明日までの、この中2日間で色んな想いが溢れましたが、ライブの感想は、明日が終わったらまとめてゆっくり振り返りたいと思います。


さて、
ライブ期間中は、エイター仲間さんともたくさん触れ合えて、とっても嬉しい時期です(^。^)

一昨日もお久しぶりのエイターさんに、開演前にお会い出来て、短い時間だけどご挨拶して近況を伝えあったりして。
明日お会いできるエイターさんとは、「楽しみにしてます」と、メッセージをやりとりして。

さらに、お会いすることは叶わなかったけど、とってもお久しぶりのエイターさんからメッセージを頂き、幸せのお裾分けも頂き、感無量になりました…(*´꒳`*)

丸ちゃんやエイトのおかげで繋がれたエイター仲間さん達。
普段はそれぞれの生活、それぞれの時間を過ごしているけれど、こうしてライブの時期や、エイトごとに動きがあると、お互いを思い出して、気遣い合える。


丸ちゃんの手にも《EIGHTER》の文字(@大切な日)
いつも丸ちゃんが寄り添ってくれてると思うと、嬉しくて温かくて泣けてきます(*´ー`*)

エイター最高o(^▽^)o

丸ちゃん、明日会いに行きます!
待っててね(^^)/


明日も素敵なライブになりますように(*´ー`*)
おやすみなさい☆彡


あ、そういえば…

今回のグッズのバッグって、リバーシブル?
裏地のイチゴ柄の方って、多少防水になりそうなので、明日雨だったらそっちを表にしようかと思ったんだけど(^^;;
そうに使う人、いないかな?
このイチゴ柄も、なかなか可愛い(^_^)v




拍手ありがとうございますm(_ _)m
気にかけて頂き嬉しいです(*^^*)


関連記事
スポンサーサイト




平和を願う日

今日は終戦記念日。

先日のヒロシマ・ナガサキ…そして今日と、8月は祈りを運ぶ機会が多い月です。

今日を境に価値観を180度変えさせられた世代。
もうだいぶ前に亡くなりましたが私の父(昭和4年生まれでした)の世代もそうだったようです。
終戦の時、父は16歳になる少し前。
戦争には行ってなかったと思いますが、終戦後自分の気持ちをどう整理したらいいのか分からず、やさぐれたそうです(⌒-⌒; )
生前、酔うといつもその頃のことを話していたので、よほどやりきれなかったのでしょう。

一昨年亡くなった母は、終戦の時は12歳。
生前、母が昔のアルバムを見せてくれた事がありました。
その中で印象的だったのは、小学校の卒業記念みたいな集合写真。
昭和20年の3月。
戦争末期、誰もが、日本は負けるのでは…と感じながらも、誰も口には出せなく、重苦しい頃だったと思います。
でも、その集合写真の子供達は、みんなとびっきりの笑顔でした。
今の子供達と同じ。
笑い声が聞こえてくるような写真に、驚いたものです。

そして、なぜこの子たちはこんなにも笑ってるんだろう?
…と考えました。

母に聞いたけど、昔過ぎて忘れたらしい(⌒-⌒; )

思い至った答えは、
これを撮ったカメラマン(大人)の願いの表れかな?
…でした。

被写体である小学生の子供達が、その時の状況をどこまで理解していたかはわからないけれど、カメラマンさんは、せめて《笑顔》を残したいと思ったんじゃないのかな?
だからきっと、撮りながら、面白い事を言って笑わせたりしたんだろうな…。

大人であるカメラマンさんは、悪化していく戦局への恐怖を心に閉じ込めて、被写体の子供達の明るい未来を願ってシャッターを押したんだろうな…。

そんな事を思いながら、お盆で帰ってきている両親を感じています。



終戦から72年も経ってしまうと、先日の原爆忌同様、直接体験した人の方がはるかに少なくなってしまいます。
それは仕方のないことだけれど、昨今の世界情勢を見聞きするにつけ、心から《平和》を願わずにはいられません。

「イージス艦」「PAC-3」…
そんな言葉が当たり前のように情報番組から流れるって、やっぱり異常だと思います。


関連記事
Copyright © オレンジ色のひとりごと. all rights reserved.

カスタマイズ: