FC2ブログ
人に喜んでもらえることを一日ひとつ。それだけで心豊かに。(丸山隆平君レンジャーより)
2018年11月06日 (火) | Edit |

昨日書き足りなかったので、また書いてます(^^;;



映画「日日是好日」を観て以来、自分の《所作》というものがとても気になる私。

お茶の世界ほど、あれこれ細かく気遣うわけではないけれど、ちょっと気にしてみると、これまでどれだけいい加減な立ち居振る舞いをしていたか、我ながら仰天します(^^;;


お茶の世界での所作は、理屈ではない〈形の美〉があるようですね。
映画の中で、いちいち「どうして?」と聞く美智子(多部未華子さん)に、先生(樹木希林さん)は、「そういうものなの、頭で考えちゃだめ」とたしなめます。「習うより慣れろ」とも。
順序など、つい頭で考えて理解したくなるけれど、ひたすら〈形〉通りに動くことに集中するのだそうです。
すると自然に身体が動くようになるのだとか。

・・・・・・・・・・

もひとつ、映画から学んだこと。

《目の前の事に集中する》

毎日バタバタして、ひとつのことをしながらあれもこれも…と、つい頭の中がいっぱいになってしまう私には、とても耳の痛い言葉でした。

片付けをしていても、目に付いたほかの事が気になるとそっちを始めたり…。そうなると、元々やっていたことは途中のまま…、忘れる(>人<;)

なんかね、最近認知機能大丈夫かぁ?…なこともちらほら(^^;;
「大恋愛」観ながら、思わず自分もチェックしたり…( ̄∇ ̄)

そんな時観た昨日の映画は、いろんな意味で心に深く沁みたり、我が身を反省する良い機会になりました。


とりあえずは、今やってる事に集中。
そして、落ち着いた所作を心がける。

それを意識して生活しましょうか٩( 'ω' )و

少しは品良くなれるかしら…(=^x^=)


では、丸ちゃん、皆さん、おやすみなさい☆彡

お立ち寄り頂き有難うございました。

にほんブログ村 芸能ブログ 関ジャニ∞へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

2018年11月05日 (月) | Edit |

先週の記事にチラッと書きましたが…。

その宣言通り、今日は姑と映画を観てきました。

* * * * *

樹木希林さんの遺作でもあり、観た方達の感想を聞くにつけ、是非観ておきたい…と思っていた作品でした。
予備知識としては、樹木希林さんの遺作…ってことしか入れてなかったのですが(^^;;
純粋なお茶(茶道)の映画…ですね。

・・・・・・・・・・

黒木華さん、多部未華子さん演じる同い年の従姉妹の2人が、近所にお茶を習いに行くお話。

ある意味、お話は淡々と進みます。

主人公の黒木さんと多部さん、容姿も対照的な2人の対照的な生き方も、特にドラマチックな展開があるわけでもなく。
主人公の家庭の様子も、極めて普通で、でも普通だからこそ、親子のふれあい、特に父親と娘のぎこちない愛情が繊細に描かれていて、涙が溢れてしまうシーンもありました。(ネタバレなので書かないけど)

この映画、キャストさんが皆さん良かったです。
メイン以外に(良い意味で)飛び抜けて有名な俳優さんがいるわけでもなく。
だから余計に物語に入り込めたのだと思います。

そして…、

やはり樹木希林さんの、演技とは思えない自然な存在感は素晴らしいですね。
亡くなられたから、ついそういう目で見てしまうのも確かにありますが、この、お茶の先生という役が、希林さんの晩年そのもののようで、台詞として発する言葉の1つ1つが、希林さんからのメッセージのようでもあり、心に沁みました。

・・・・・・・・・・

雨の日は雨を聞く。雪の日は雪を見て、夏には夏の暑さを、冬には身の切れるような寒さを。五感を使って、全身で、その瞬間を味わう。

世の中には、「すぐわかるもの」と、「すぐわからないもの」の二種類がある。すぐにわからないものは、長い時間をかけて、少しずつ気づいて、わかってくる。

(映画パンフレットより)

心に響いた言葉でした。

・・・・・・・・・・

お点前は同じことをしているようで、毎回違う、一つとして同じものはない。
今目の前にいる人が次にまた会えるかはわからない。千利休の頃は戦国時代、まさに明日無い命かもしれない。そんな時だからこそ、一つのお点前は命がけで、毎回が一生に一度という思いを込めて点てていたのだと思う。

…そんな台詞も心に沁みます。
まさに〈一期一会〉ですね。

* * * * *

少し前に、丸ちゃんがお茶を習い始めた…って話題になりましたよね。
こっそりお茶の機関誌に丸ちゃんのインタビュー記事が載ったり。

今日映画を観てて、所作を習うシーンに、つい丸ちゃんを重ねて見てしまいました。
丸ちゃんも、こうやって、手こずりながら、一つ一つの所作の細かいところに気を配りながら習ってるのかな?…って。

五感全部でその瞬間を感じようとするお茶の世界。
同じものは一つとしてない〈一期一会〉の気持ち。

それは、丸ちゃんが身を置く芸能界にも通じるんですね。
ライブでも舞台でも、生のものは一つとして同じものはないから、その一度に毎回全身全霊で臨む。

そして、
京都で生まれ育った丸ちゃんならではの、移り行く季節を愛でる感性。
お茶を通して、その時だけはゆったりと〈丁寧に時を過ごす〉贅沢な時間。

日々時間がどんどん過ぎて行き、色んな情報がネットに溢れる現代の中で、そこだけ時が止まったかのようなお茶室の時間は、丸ちゃんが心をリセットする時間でもあるのかな?

……、

映画に丸ちゃんはもちろん出てませんが、終始丸ちゃんを感じながら観ていたがむでした。

そして、
自分の日々も省みて、改めて《丁寧に生きる》ことを、これからは意識して過ごしたいな…と思ったのでした(*´ー`*)

* * * * *

丸ちゃん、のんびりできましたか?
ゆっくり休んでお仕事へのパワーをチャージしてねp(^_^)q

では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)
おやすみなさい☆彡


お立ち寄り頂き有難うございました。
拍手も有難うございます、
更新の励みです(^ ^)

にほんブログ村 芸能ブログ 関ジャニ∞へ
にほんブログ村




2018年10月31日 (水) | Edit |

姑の冷ややかな視線を背に受けつつ、連日遊びほうけるヨメです(^^;;
(だってもう前から約束してたんだもんd( ̄  ̄))

* * * * *

ってことで、今日はお友達と映画を観てきました。

福士蒼汰君と猫(ナナ)の絆を描いた「旅猫レポート」。
一緒に観たお友達は猫を飼っていて、私も猫は好きだし。
お友達は福士蒼汰君も好きで、私はナナの声を演じたのが高畑充希ちゃんだったから(美沙を思い出す(*´ω`*))。

まだ公開間もないので内容は書きませんが、予告などで知らされてる奥にたくさんのドラマがあって、色々な思いがあって…。

泣けて泣けて…(*´Д`*)

映画でこんなに泣いたのは久しぶり…ってくらい泣きました。

・・・・・・・・・・

平日の昼間だったので、席は半分も埋まってなかったけど、中高年のお一人様が多く見られました。
お友達曰く、「ペットロスの人じゃないかな…」だそうで。

本当に良い映画でした(*´ー`*)

* * * * *

そして…。

お友達を待ってる間、シネマに入っていく高齢のご婦人たちを沢山見かけました。
樹木希林さんの遺作「日日是好日」を上映してるからだろうな…と思いました。

私も観たいな…と思ってた映画なので、来週あたり、姑を誘って観に行こうかと思ってます。
(点数稼ぎ…ではないですが)

長女の結婚式騒ぎで、ワサワサしていた家の中もようやく落ち着き、それと共にジワジワと淋しさなどが漂っている我が家。
私はLINEでしょっちゅう連絡し合ったり、真近に見える富士山の写真を送ってもらったりしてますが、姑にしてみると、かわいい孫が、いよいよ本当に嫁いでしまった…という淋しさがあるようで、元気だけど淋しそう。
(だから遊びほうけるヨメが気になるんだろうな( ̄∇ ̄))

私の仕事もまだおヒマだから、家にいられる時間があるうちに、せっせと姑孝行でもしておくか( ̄∇ ̄)
…ってね。

* * * * *

丸ちゃん、毎日お仕事頑張ってますねp(^_^)q

〈大切な日〉で教えてくれる、この先のあれこれ。
いつ放送かな?…とか、何のお仕事なのかな?…とか、楽しみに待つ日々も、にとっては幸せな日々です(*´ー`*)

朝と日中の気温差が大きくて、体調崩しやすいですね。
私も遊びほうけてるせいか、咳や鼻水でイマイチ。(自業自得d( ̄  ̄))
お互い気をつけましょうね。


では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(*^_^*)
おやすみなさい☆彡


お立ち寄り頂き有難うございました。
拍手も有難うございます。
更新の励みです(*^_^*)

にほんブログ村 芸能ブログ 関ジャニ∞へ
にほんブログ村






[READ MORE...]
2018年10月30日 (火) | Edit |

ところで…。

今日私は県外にお出かけしてました(^。^)

学生時代の2年間を過ごした街。栃木市。
同じ下宿(今で言うシェアハウス?)で一緒に過ごした仲間3人で散策。
うち1人はその土地に嫁いでいるため、お出かけしたのは私と東京のお友達ってことになりますが(^^;;

東京の友達は、栃木を訪れるのも卒業以来。(35年ぶり?)
当時とは全く様変わりした駅舎や駅前の景色をキョロキョロ見回し、驚いてました。

「そうだよねぇ、35年も経てば変わるよね…」と、3人で歳月を噛みしめました。
(私は密かに、丸ちゃんの年齢に重ね合わせ、別の意味でも歳月を噛みしめましたが…(^^;;)

* * * * *

私たちがいた頃は、なんてことない(失礼です)普通の街でしたが、最近は《蔵の街》としてかなり観光に力を入れてて、テレビの旅番組などでよく紹介されてるようです。


20181030231738ea1.jpeg

これは街中を流れる巴波川。
一番有名なロケーションですね。
蔵の街の象徴。
遊覧船にも乗りました(^.^)

201810302323177d8.jpeg

お友達がまとめてくれました。
群がる鯉、お触りOKだったので触ってみるワタシ( ̄∇ ̄)
(すげ笠は必須アイテムのようで、乗船する人はほぼ強制的に被らされます( ̄∇ ̄))

・・・・・・・・・・

そして、これ。

20181030231736826.jpeg

お土産に買ったものですが、これ「夜ふかし」でも紹介されたそうですね(((o(*゚▽゚*)o)))
そんな紹介文が添えてありました。
〈ひよこ〉のようなお菓子ですが、とっても可愛くて美味しかったです(^.^)

晴天にも恵まれ、懐かしいお友達と楽しい一日を過ごせました(*^_^*)

以上、栃木市宣伝部長のがむでした。(えっ?)


では、明日も丸ちゃんや皆さんが元気でありますように(^_^*)
おやすみなさい☆彡

お立ち寄り頂き有難うございました。
拍手も有難うございます。
更新の励みです(*^_^*)

にほんブログ村 芸能ブログ 関ジャニ∞へ
にほんブログ村






2018年10月28日 (日) | Edit |

ASEAN音楽祭を観てたら、昔、谷村新司さんがコンサートで話してたことを思い出しました。

* * * * *

アリス時代の1981年、日中国交回復10年の時に、アリスは初めて中国の工人体育館で単独コンサートをしました。
当時はまだ人民服の人たちも多かったそうです。
当然、音楽に関しても中国当局からの注意事項がたくさんあり、お客さんはお行儀よく座り静かに拍手をするだけ。
でも、アリスは客席に行き煽り、最後はみんなで楽しく盛り上がったそうです。
それが、中国に初めて外国のポップスが入った時だったそうです。

公演が終わり、現地のスタッフさんやお手伝いをしてくれた学生さん達と打ち上げをしていた時、ひとりの学生が谷村さんにこう言ったそうです。

「どうして日本はアジアに背を向けて、アメリカの方ばかり見るんですか?」

その言葉に谷村さんは、とても衝撃を受けたそうです。

たしかにその通り。
アメリカから見れば、日本も中国も韓国も台湾も同じ《アジア》なのに…って。

それがきっかけとなり、谷村さんはアジアに目を向けるようになり、アジア各国のアーティスト達とコンサートを開いたり、自身の国内での活動を休止して上海音楽学院で教鞭を執ったりされてました。

* * * * *

日本とアジア各国の関係は、戦争なども絡み単純なものではないことも知ってますが、ASEAN音楽祭を見ていたら、音楽に国境はないこと、笑顔は万国共通であることをしみじみ感じました。


…ふと思い出したことでした。


では、
丸ちゃん、皆さん、おやすみなさい☆彡

にほんブログ村 芸能ブログ 関ジャニ∞へ
にほんブログ村